FC2ブログ

十津川 民俗資料館と道の駅

今回 十津川 湯泉地温泉を訪ねたのは

もう二か所 訪ねてみたいところがあったのです

年に 3回も4回もここに来ていて
まだ行った事の無い 私の興味を引くところ

もちろん 昨日の記事の 千慶も行きたいところですが
それは懐の具合が許さないので
そう 今も 今後も……(涙)


と言うことで
私の行ける範囲での所です



P1080181.jpg

その一つがここ

この川を渡った突き当り

P1080186.jpg

この一段高い所にある白い建物

P1080187.jpg

十津川歴史民俗資料館です


P1080188.jpg

今まではこの長い石段が嫌で避けてました

でも前回来た時に 
次回は上がってみようと思い立ったのです

国王神社の 南帝塚や
天誅組の事が調べたくて…

P1080190.jpg

風呂上がりなのに…
(そんな事  資料館にとっては関係ないのですが )
ぶつぶつ文句を言いながら
ようやく長い石段を上り終えて
建物に 入ろうとしたら

まだ階段が有った…
喧嘩売ってんのか

P1080191.jpg

入口でも 
昔のものしか置いてませんが
どうぞ”十津川らしさ”を
見つけて行ってください

普通の観光客なら ちょっと粋な言葉をを思うだろうが

歴史民俗資料館なんですから 昔の物だけでしょう
その上 完成した 模型や 新たな構想なんて無いんだよな
それに こんな事書く資料館は 無料の所が多いのに 
金取るんだったら
言い訳にしかならないぞ

だいたい長い石段上るところは
神社だって 寺だって 境内は無料なんだから…


ぼやきながら 300円払って 入りました

有料の所は お茶の接待ぐらいあるぞ ⇐まだ言ってる

十津川歴史民俗資料館ホームページ

P1080192.jpg

入って 写真撮影はと聞くと
一階は自由 二階は禁止ですと

もともと 役行者からの
山伏の住む地だったようです

P1080193.jpg

ここのマスコット 郷士君

 この地の人は 郷土のもののふ
その気になってたんでしょうね

南北朝の時代から
尊王攘夷の時代
天誅組から 坂本龍馬の暗殺と 天満屋事件まで

名わき役として登場したのを誇りにしているようです


たとえぼ 
天誅組に応援の手土産に血祭りにされた玉堀為之進

坂本龍馬暗殺に来た族が 十津川郷士を名乗った

そして
坂本龍馬の敵討ちに 良馬と親交のあったと言われる 居合いの達人であったといわれる中井庄五郎は敵討ちとして
、海援隊の陸奥陽之助(のちに宗光)らと共に、
当時暗殺の黒幕であると噂された紀州藩士 三浦休太郎が天満屋にいるところを襲撃。(天満屋事件)
一番に乗り込んだであろうとされる庄五郎は、新撰組に斬りつけられ討ち死に
 龍馬のために命を賭けた男は享年21。若き命を散らした庄五郎は、
今でも京都霊山の龍馬のお墓のそばで幕末の志士たちと共に眠っています。


P1080194.jpg

田舎の様子が忠実に

P1080195.jpg

でも こんなに広かったのか


P1080196.jpg

そして十津川出身の 歴史(自慢?)

こうしてみると 何とか事件ばかりやん

P1080197.jpg

違うのも あったけど


P1080198.jpg

山籠

だれを乗せるんだろう

P1080199.jpg


階段で二階に上がると

撮影禁止の文字が


img011.jpg

代わりにこれで

天誅組に 応援する 血判書
この地の 大切な歴史遺産でも
名前もわからず 別に見たからと言って……

もっと 南北朝の戦のあと落ち延びた民とか
天誅組とのかかわりとか

そのあたりの事を 判りやすくパネルで 展示してあっても良いのに…

それとも学芸員はいないの?



P1080201.jpg


隣の建物は 綺麗なスロープまでつけて

隣の石段と大違いやん

そう思ってみてたら

出動のパトカーが出て来ました

此処には喧嘩売るのやめとこう…


P1080202.jpg

向かいにある 道の駅 十津川郷には  足湯も有り



P1080203.jpg

二階には 行仙という蕎麦屋も有ります

一時は手打ちの蕎麦を
出していたことも有った店です…


P1080204.jpg

一階の土産物やでは 

干し鮎と こんなのが好きで…

でも このよもぎもち 餡入りではなかったので…

P1080205.jpg

刺身こんにゃく きくらげ

山の幸ですね

ここに来たら フグ酒ではなく
鮎酒 楽しみたいので
鮎の焼き干し求めて帰ります


ではそろそろ時間も良い事ですし
食事処へ向かいましょう




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

歴史民俗資料館、行ってみたいですが、階段が多いのは高齢の方にはきついですね。
毎日ジョギングはしていますが、階段はかなり負荷がかかるので、私も着く頃には息が上がっているかもしれません^_^;
歴史を分かりやすく解説する工夫も望まれますね。
奈良もずいぶん長い間行っていませんが、久しぶりに行きたくなりました。

壁ぎわさんへ

そうそう、坂本龍馬を暗殺に来たときに、十津川郷士を名乗り、龍馬に油断させました。
でも、そう考えると、十津川の歴史って、ある意味で、暗黒の部分が多いのでは。
歴史的に考えて深く愚考しております!

utokyo318 さん

まあ 南帝陵の苔むした石段の方が 怖くて大変でしたが…
ここの長い階段は 皮肉ってですよだって 隣のビルにはきれいなスロープが通っているのに そこを通ってこちらにも行ける様にしろよと そんな気持ちでした。
もう少しぞくぞくするような話があればもっと面白かったのですが

ひびきさん

いろいろ調べていると ここの根っからの人は 天皇を敬い 何事にも素直と言えばいいのですが 
いっちょ噛みのような気がして、

今なら オレオレより もっとでっかい詐欺に引っかかりやすい体質じゃないでしょうか。

ダムもう一つ作るから出資してくれとか
湯泉地温泉の硫黄泉を 十津川温泉にも入れて 混合泉にすると 健康効果が10倍になるから 津津川温泉までパイプを引くので 出資に協力を
出来た温泉には  最初に天皇陛下がお入りになられることが決まっているから

こう言うと一発では無いでしょう

No title

さすが壁ぎわさん そういわれるとそうですね
僕の場合 ふ~~~ん で終わっちゃってます・・・・・

要するに興味がそこまで無いんでしょうね><
十津川って 影の名脇役なんですね・・・・・

竜馬の所なんて めちゃくちゃ有名なのに・・・・
聞いたことあるはずなのに 全く覚えてませんでした www

アユ美味しく食べれたでしょう ^^
ご飯も楽しみにしてます

  駐在おやじ

No title

歴史資料館  勉学に励んでいる壁ぎわさんですねv-8

友達に誘われている十津川温泉

温泉はよさそうですね

吉川の濃い 炭酸泉 興味津々です

駐在おやじさん

いえいえ たまたま歴史のはざまの 面白そうなところにアンテナが 反応しただけなんですが

源平の乱の後の平家の落ち武者の 落ち伸びたところとか 偉い人が流されたところとか
その地その地で ドラマが出来るんですよね

この地にはわき役がそろってました。

干しアユは 炙って 熱燗の中に入れて
鮎の香りのただよう 味の付いた酒 旨かったですよ

がにちゃん

歴史の狭間に埋もれたものって 時々面白いものがあるんですよ

吉川の濃い 炭酸泉 『よかたん』です

http://sawae5554.blog.fc2.com/blog-entry-1732.html

など何度も書いてますよ

No title

よかたん温泉  いいなぁと思いながらいつもアクセスがぁ~・・・v-12

三田からタクシーってあるのかなぁ

しかし 30分は料金がぁ~で いつもおじゃんです

そのうちに嫁ちゃん説得するか

がにちゃん

https://sp.jorudan.co.jp/onsen/details/225/
↑の アドレスで 出てました
交通アクセス
公共交通機関で
JR宝塚線三田駅から神姫バス渡瀬・社行きで30分、吉川庁舎前下車、徒歩3分、またはJR三ノ宮駅から神姫バス吉川庁舎行きで55分、終点下車、徒歩3分

だって やっぱり くるまだと 吉川インター降りて 直ぐですよ

山田錦の里で野菜買い込んで 酒もちょっと飲んで 帰り 新名神で 宝塚サービスエリアに寄るパターンで お嫁さんくどいたらどうですか

嫁さんと孫チャンナラ 家族風呂 一時間4000円と高いけど 其れも良いですよ

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR