FC2ブログ

有馬名所?亀乃尾の滝 有馬温泉②

日本でも 三古泉の一つとして名高い 有馬温泉です

温泉好きの 壁ぎわですから ここでも解説をしておきましょう

小さい字は それが好きだと言う人の為の壁ぎわ流の解説です
興味の無い人は読み飛ばしてください



温泉として「日本三古泉(湯)」になっているのは、日本書紀・風土記などでは、「有馬温泉・道後温泉・白浜温泉」。

延喜式神名帳だと、「有馬温泉・道後温泉・いわき湯本温泉」です。

まずここで 延喜式神名帳(えんぎしき じんみょうちょう)は、延長5年(927年)にまとめられた『延喜式』の巻九・十のことで、当時「官社」に指定されていた全国の神社一覧である。 言わば 最初にできた 神社の格付表です。

養老4年(720年)に完成したと伝わる日本書紀に比べて かなり新しいもので、神社の神の由来で 三本足のカラスに導かれた熊野本宮のように いろいろと脚色されてもいますし 
道後温泉(愛媛県松山市)
有馬温泉(兵庫県神戸市北区有馬町)
磐城湯本温泉(福島県いわき市)
川渡温泉(宮城県大崎市)
鳴子温泉(宮城県大崎市)
湯元温泉(栃木県日光市)
岩井温泉(鳥取県岩美郡岩美町)
玉造温泉(島根県松江市玉湯町)
と 8か所の書かれていう中の上位3か所
まして 磐城湯本と言うのは 福島県
鎌倉幕府が開かれる以前の『とうほぐ』ですから 省くことにしましょう


そしてこの有馬温泉は
湯泉神社の縁起によれば、泉源を最初に発見したのは、神代の昔、大已貴命(おおなむちのみこと)と少彦名命(すくなひこなのみこと)の二柱の神であったと記されています。この二神が有馬を訪れた時、三羽の傷ついたカラスが水たまりで水浴していました、ところが数日でその傷が治っており、その水たまりが温泉であったと伝えられています。

これもカット 神の由来とか 由緒と言うのは 変化した言い伝えですから

日本書紀の「舒明記」には、舒明3(631)年9月19日から12月13日までの86日間
舒明天皇が摂津の国有馬(原文は有間)温湯宮に立ち寄り入浴を楽しんだという記述があります。

その後衰退したここを 僧 行基が 復興しました
神の導きでここまでたどり着き、如法経を書写して泉底に埋め、等身大の薬師如来像を刻み、一宇の堂を建て、そこへ尊像を納めたといわれています。
行基の徳に感じた薬師如来が温泉を復興させ、有馬温泉発展の基礎を行基に築かしめることとなったと言われています。

(1097)年、天災が有馬を襲いました。
「温泉寺縁起」によると、「堀川天皇の承徳元年、有馬に洪水があって、人家を押し流し、温泉も壊滅した」とあります。

その時復興させたのが、仁西(にんさい)という僧です
吉野にあった高原寺の住僧でありましたが、ある時紀伊の国・熊野権現に詣でた折、夢のお告げをうけました、それは「摂州有馬の山間に温泉がある。近頃、はなはだしく荒廃しているにつき、行って再興せよ」というものでありました。

その後繁栄するのですが…

享禄元(1528)年大火に見舞われ、有馬は焦土と化した
天文14(1545)年には、善福寺後方の落葉山に城を構える三好宗三政長に対し、三木城主別所豊後守が大軍をひきいて攻めた折、有馬はその余波を受け大打撃をこうむりました。
天正4(1576)年にも大火があり、有馬は立ち直る間もなく壊滅的なダメージをうけてしまいました。


それを立て直したのが  太閤秀吉だったのです
慶長2(1597)年に始まった大規模な改修工事です。

江戸時代からは 幕府の直轄地になり 現在にと続いています



こんなことを知っておくと 又見方も変わるんものですが
では壁ぎわの案内です


P1100407.jpg

有馬温泉の玄関です

何かわからないモニュメントと

P1100408.jpg

何故かわからないカッパが

P1100409.jpg

それを見守る 太閤秀吉

この人は貢献しましたから


P1100410.jpg

その前に こんな看板が

有馬名所 亀乃尾の滝

P1100412.jpg

亀の尾 というぐらいですから
細い一本の水が流れているのでしょうか?

P1100413.jpg

由来がありました

昔からの 水量の少ない滝で
加茂の不動尊と 眷属の白蛇 白長大明神の社が有ると

P1100414.jpg

すぐ上に見えるんだけど

P1100415.jpg

平坦な土地が無いせいか

この階段はきついんだよねぇ

P1100422.jpg

お不動様と 滝の全景

P1100417.jpg

お不動船が先か 滝が先か
亀の尾と言うぐらいだから…

P1100418.jpg

でも全景といて上を見たら

上の小さな池に 湧水を 土管を通して入ってました


P1100420.jpg


下だけ見てたほうが良かったのか…




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

壁ぎわさんへ

やっぱり近くて遠い有馬温泉です。
非常に参考になりました!

思わず、兵庫を代表する温泉なのに、他の温泉の方が詳しくなっている自分が居ることに驚いております!

ひびきさん

今回は 非常宣言が出ていることも有り ネタ不足ゆえに かなり詳しいとろまで 書いてみようと思っています。
参考になると幸いです。
色々歴史もひも解いて お楽しみに。

温泉

「有馬温泉・道後温泉・いわき湯本温泉」
全て行ってます。
そして
全て熱い事に気付きました。
やはり名湯は熱いのですね。
それなら
箱館の温泉が最強かも。
(笑)

No title

何度も災害に遭っている有馬温泉だったのですね

何度行っても良い温泉です

復興に力貸して下さった先人にお礼ですね

亀の尾の滝 これは知りませんでした

こんなお不動さんがあったんだ


No title

あはははは 確かに 土管は無いですよね~~~~
せめて土管は見えなくしようよ・・・・・ 韓国みたい><

せっかく由緒も 歴史もある場所なのに・・・・

秀吉が元なんですね。 それは知りませんでした。
ちょっとずつ勉強させていただいてます ^^

  駐在おやじ

裕治伯爵さん

源泉そのままの所もあれば 沸かしているところもありますからね

沸かしていると言えば 函館のあの銭湯 あそこだけは ガス代の無駄遣いでしょう
元々熱いのが出ているなら別ですけどね

がにちゃん

そうなんですよ 看板が無ければわからない そんな所がまだまだありますね。

簡保の向かいの お稲荷さんですか あそこの階段はまだ上がったことが無いんですよ
あそこだけは上がりたくないんです 石段がずっと続いてますから…

駐在おやじ さん

湧水を集めた土管なんでしょうけど
周囲に建物を立てて 崩れるおそれがあるからなんでしょうけど

見えるところに土管はちょっとねぇ…
隠してほしかったですね

まだまだ 有馬温泉は続きますよ

No title

土管はないなー(笑)
人工的じゃん!!
つーかうんちくのわりに風情が・・・

有馬温泉と言えば
酒市場の生ビールが美味しかった。
私が唯一認める生ビール♪

くりみんさん

今回は有馬温泉深掘りですよ
ただ 店がほとんど開いてないのと クルマなので呑めないのが寂しくて

金の湯の向かいのバーはずっと閉まってました

No title

六甲山超えて有馬に入ると ここに出てくるんだ
何回か通っていたあのですねぇ
到着時はもうへとへとで お不動さん気にしてられなかったわぁv-12

がにちゃん

六甲声で 有馬に出てくるところはロー王ウェイの横 簡保の宿の方ですよ
そして 銀泉公園を降りたらこの辺りです


プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR