FC2ブログ

有馬温泉 寺巡り

金の湯を出て 西側から少し上がった所

有馬温泉の散歩コースです

まずはお参りから

P1100465.jpg

石段脇に 石の道標があります

湯泉神社 薬師寺 参詣道


ここで ふと考えた 上に有るのは 湯泉神社と 寺は

温泉寺と 極楽寺と 念仏寺だけ  薬師寺って??



P1100471.jpg

とりあえず 階段を上がって 突き当りの温泉寺へ

どこの温泉地にも 温泉寺と 温泉神社があるんだよね

その地が繫栄して 人が集まり村が出来て
冠婚葬祭が必要になるからです

P1100472.jpg

寺の説明です

黄檗宗(禅宗) 温泉寺

本尊が薬師如来  ということは 
薬師寺と書いてあるのはここの事だったのですね

724年に 行基上人によって 建立されました

のちに真言宗の寺院として (弘法大師の生まれたのは774年ですから)
有馬温泉とともに栄えますが

1097年有馬を襲った洪水によって温泉寺も壊滅します。

仁西上人によって1191年に再興されます。

1576年に火災で全山焼失したが直ちに再建された。その後再び火災にあい、
1590年に現在ある薬師堂が北政所によって再建される。

明治初めの廃仏毀釈で、真言宗温泉寺は廃寺とされ、薬師堂以外の堂塔は全て取り壊された。

その後、廃寺となった旧温泉寺の奥の院であった黄檗宗清涼院が寺籍を継いで現代に至っている。

何ともかんとも 有馬温泉同様に時代にほんろうされた寺の様です。

P1100519.jpg

ではお参りしましょう


P1100524.jpg



でも 何度も何度も 焼かれれ壊された 寺ですね


P1100520.jpg

右手は朱印場と 御祖師庵(みそしあん)入場料100円の資料館です
よく聞く 御祖師とは 宗教の開祖の事で 
特に日蓮宗の日蓮を指すことが多いのですが
ココ有馬では 開祖 行基と  中興 栄西 の説明をビデオで解説しています

一度見てみるのもういいかも
小さな資料館ですが 
有馬温泉の歴史を垣間見る穴場です

100円ですから


P1100526.jpg

それともう一つ この両サイドにある石塔
鎌倉時代の作と言われ 東塔は、平清盛の塔

P1100521.jpg


P1100525.jpg

説明が 二か所に

勿論 元々ここに有ったのではなく(玉垣の外に有った)
また 4面とも何も掘られてないので 幾多の戦乱にも壊されなかったのですね


P1100499.jpg

この寺の屋根瓦には
しゃちほこと

P1100500.jpg

鬼瓦が 
以後の衰退を断ち切る祈願でしょうか


P1100502.jpg

こんな思いを込めて 散策すると
旅の思いも変わるものです

ぼんやり見て回るか それとも 昔をしのぶかはそれぞれですが

なんだここは

P1100501.jpg

石垣が 帯曲輪(おびぐるわ)
切ったり割ったりしない 石ののずら積み 秀吉の時代の積み方だと

P1100507.jpg

そして その横の寺が 極楽寺

P1100513.jpg

594年 聖徳太子によって 創建された寺

………  あれっ!?

ここで 気づいた人は お友達として案内しますよ

うわべだけを見て 行ったと言うのではなく
歴史と その流れを 楽しむ旅をしたいものです

だから説明しません

P1100508.jpg

そしてもう一つの寺が

P1100512.jpg

念仏寺です ここはちょっと毛色の変わった寺
浄土宗の寺です

北の政所(ねね)の別邸跡と伝えられます。

樹齢が250年といわれる沙羅双樹の大樹があり6月下旬が見頃です。

P1100509.jpg

白馬はよく見ますが
白い象ですか 

P1100511.jpg

神戸七福神めぐりの一つ、寿老人が祀られています。


P1100518.jpg

温泉寺の鐘楼を後に 次に向かいましょう




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

自粛の影響が出ているのかやっぱり空いていますね
台風の後の修復も終わって 新しくきれいになっている所も
温泉 早く行きたいなぁ
明日から自粛も緩やかに解除になる様子
ボチボチ 楽しまなければ

がにちゃん

この記事の行ったのは 一月半ばですから そろそろたがも緩み
この宣言が終わった今日からは 結構多いのでは
ワクチンが終われば
GOTOトラベルが始まりますよ
予算はしっかり取られてますから
プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR