FC2ブログ

大人の遠足山崎蒸留所

旨いビールを飲んだので もう少し何か欲しい
でもこのビールの余韻を壊すのは嫌だ

ついでに言うならまだ外は明るい

ならば 大人の喜ぶ所へ行きましょう

042_201408260931055f4.jpg

JRの長岡京から一駅 山崎の駅です

たった一駅 でも歩くわけにはいきません 田舎の一駅結構ありますからね
 
043_20140826093107e23.jpg

この看板が喉の渇きを促進させます
でも とにかく暑い

涼しい所でビール呑んだ所だからなおさらです

044_20140826093108455.jpg

ついつい誘惑に負けて駅前のコンビニにて

045_201408260931105fc.jpg

駐輪所を回り込むと この辻に

ここからは大阪府 サントリーの山崎は 大阪の酒だったんです


049_201408260931589bf.jpg

見えてきました

左手の守衛室横が受け付けです

051_20140826093159e52.jpg

建物にはここから入ります

052_201408260932017cf.jpg

昔噂になった 赤玉ポートワインのポスター

053_20140826093202279.jpg

055_20140826093204d57.jpg

日本人向けのウイスキーを作ろうと頑張ったのです


056_20140826093301e3a.jpg

色々なウイスキーの陳列棚

061_20140826093303002.jpg

そしてバー

ここは工場直売ですから 定価売りしかできません
また水割りやロックのサービスも出来ません

原価の分量売りです

だからとんでもなく安い

062_20140826093304016.jpg

僕の好きな酒 ストレートで少しだけれどおごって上げよう

064_20140826093306aca.jpg

良い香りです これ実は一杯 500円です

小売価格3万円をゆうに超える酒が気楽に呑めるのです

068_2014082609330753e.jpg

さて 工場見学に行きましょう

工場見学のカウンターで集まっていると


ちょっとちゃらい 今時の若手アナウンサーの様な男性が案内係でした

残念 だから写真もありません

しかし なぜ若手の男性って 一方的に話を聞かそうとするのでしょうか

我々の様に知識を持って何度も来ている人には お仕着せがうっとうしくて
女性の優しさって其処だったのですね

069_201408260934058d6.jpg

とりあえず 創業者の社長像
熱血してしゃべる案内係 そらおまえとこの創業者だろうけれど 私には他人だ
ウイスキーの蒸留所つくった事には感謝するけれどね

072_20140826093408a19.jpg

大麦麦芽から 麦汁にするタンク

071_20140826093407859.jpg

酵母を加えて糖分をアルコールにするタンク

でも夏の工場見学は きついですね

074_201408260934091d1.jpg

ポットスチル 蒸留釜です

075_201408260934111fb.jpg

二段上流です
色々な形のかまで蒸気の流れが味の違いに出るのです

078_20140826093616cdf.jpg

透明な液体が この樽の中で熟成されて行きます
樽の種類によって 色も違います

呼吸する樽の中で 少しずつ減って行きます

これを天使の分け前と呼んでいます

この減っていく分で 辺りの香りはウイスキー
この香りだけで酔う人もあるぐらいです

083_20140826093617f96.jpg

チャ―(中を焼くこと)
一つの樽は3度位こうして繰り返し使われます

100_2014082609362091c.jpg

それではお楽しみの勉強会です

099_2014082609361943e.jpg

ハイボールの造り方や
味の楽しみ方を

105_20140826093622b29.jpg


熱心に若者たちは学んでました


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR