ひどい餃子と奮闘中、餃子の王将尼宝寺本店


京都王将、餃子の王将としてチェン展開している店ですが
数年前餃子に使うニンニクが中国産、野菜も東南アジアからと
聞いて行かなくなった店です。

それが最近国産の材料を使うと聞き、
企業努力を誉めようとやってきました。

P2080097.jpg
P2080099.jpg

去年の秋からなんですね

社長が大変なことになったあと、新たな企業努力ですね

P2080103.jpg

餃子6ケ 220円 なんて庶民的な価格でしょう

P2080110.jpg

来ました 二人前 12個です

P2080111.jpg

ところが 3個ずつ持って食べるものなんでしょうか

丁寧に取ろうとしても、皮が破れてしまう

P2080112.jpg

店員を呼んで
『 3個引っ付いているのがこの店の餃子なのか』

すると悪びれる様子もなく
『焼き手によってはそうなります』

『つまり、いつもなんだね』

『はい毎日ではありませんが』


つまり、餃子が引っ付いてるぐらいで何を言ってるんだこの客は
こんなの当たり前じゃないか、そういう感じでした

餃子は一つずつたれをつけて味わうもんだよな
それにタレが直接具に付くとしみこみすぎるだろう
そう思うのですが

店の人間にとっては、客の好みなど関係ないね
そういう感じでした


気分が悪いので従業員が見てたらどう思うか
さも目立つように餃子と格闘している様子です

しかし、店員から配慮の声はありませんでした


このことブログを書いているんで投稿するからねと
念押ししてありますので、気楽に書かせてもらいます

P2080114.jpg


引っ張ったら敗れるかわいそうな餃子

もしもジューシーなエキスがあればどうなんでしょうね

P2080115.jpg

一つ食べている間に 餃子の皿はこんな感じ

P2080116.jpg

持ち上げると 中の具がゴロン

食べるものを出している店で
こんなに出した料理に無頓着な店は珍しいでしょうね

売れば金! それだけでしょうね


P2080117.jpg

三個まとめて口元に運べるか!

P2080118.jpg

何とか分離しようとしても やっぱり破れてしまいます

P2080119.jpg

最後の一つ 反対側からなら離れるか?

P2080120.jpg

なんと

口は簡単に開くが、ひとつづつにはできない餃子!!

それを見て見ぬふりか従業員!!!


P2080105.jpg

これも

P2080106.jpg

これも

P2080113.jpg

これも


結局味なんてわかるか
ただのエサでしかなかったですね

もう二度とこの店はごめんです

P2080121.jpg

もちろん、払いましたよ
だって目当ての店ですから
通報されてもかないませんからね
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

やってしまいましたね 餃子の王将
従業員の勉強会もやってもらわなくちゃですね
三個一度に口に入る人はいないんじゃないのぉ~~v-8

王将

昔から安かろう悪かろうとは言いますが・・・
安かろう酷かろうではいけません。
王将
餃子は看板メニュー
ここは焼ける人にやらせるべきですよ。
って
王将の餃子の正しい食べ方
近々
ブログで公開します。
もう
悩みませんよ。
(笑)

がにちゃん

そうなんですよ

でも三つ引っ付いたままでは タレの皿に乗らないんですよ
かじりつくのも 歯形の残ったものを戻すのも嫌ですからね

裕治伯爵さん

こんな膠がぴったり引っ付いているのは初めてでした
かなり作り置きしていたのでしょうか

一口か二口で食べられるのが餃子でしょう
皿の上で箸で中味をばらばらにしてしまいそうで嫌でしたよ

真っ赤な餃子期待してますよ
プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR