春の味 いかなごの釘煮 壁ぎわインザキッチン


播州赤穂に牡蠣ツアーの途中ですが 壁ぎわインザキッチンです


阪神間で春の味と言われるといかなごのくぎ煮があげられます。
京都のようにちりめんでなく、
大きくなるとカマスゴになる魚の稚魚です。

023_201503061249576c3.jpg

詳しく言うとスズキ目 ワニギス亜目イカナゴ科の魚類で 東日本ではコウナゴと呼んでいます

1キロ 今年は1680円の値が最初についてました(宝塚)


買ってきた玉筋魚をざるに取り、軽く水洗いします

021_20150306124955ad1.jpg

次にたれづくり

今は玉筋魚のたれと言うのが売ってますが、それぞれの家のレシピがあるようです

私は単純に ザラメ270gと しょうゆ200cc それにしょうがが一かけらを薄切りにしています

好みでレモンの皮を入れたり、参照やクルミを入れる時もありますが、ベーㇲは同じです


まず 鍋に計ったザラメを入れて

022_20150306124956503.jpg

しょうゆも200㏄ きっちり計り入れます

ケーキやパン作りと一緒で いい加減だと味がばらつきます

024_20150306124959bb7.jpg

そこにしょうがを入れて 煮溶かします

大きなかけらがあるのは これでなべ底をこすりながら煮溶かすため

焦げ付くと 臭みが残りますからね

026_20150306125815bf1.jpg

ザラメを煮溶かしている様子
このぐらい沸騰させることが必要です

焦げないようになべ底を 生姜でこすっています


027_20150306125205eb8.jpg

それでは玉筋魚を入れましょう

沸騰させたところに

028_20150306125206006.jpg

三度にわけて投入です

029_20150306125208292.jpg

怖がらずに すっと火は強火です

030_2015030612520986a.jpg

アルミホイルで 落し蓋をして

032_20150306125211a5d.jpg

鍋から噴きこぼれない限りずっと強火です

だから大きな鍋を使うのです

小さな鍋ではおいしいものは出来ませんからね

また この大鍋でも2キロ一度には煮ることは出来ないのです

037_20150306125315bbf.jpg

水分が無くなってきました

038_20150306125317eb2.jpg

ここで 鍋をほふって  上下をひっくり返します

ザラメの煮解けた飴状の部分をからめます


039_20150306125318ba8.jpg

器にとって うちわで風を送って最後の水分を飛ばします


ようやく出来上がり これで1キロの生のいかなごのくぎ煮の出来上がりです


今年東京の娘への仕送りは 生姜タップリのと レモンの皮たっぷりのが行ってます

我が家もしばらく続きそうです





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

イカナゴの季節ですね 近所のお店にも売ってるようになりました
一度造ってみようと思いつつ ついつい出来上がり買ってる私です
自信がなぁ~いv-12

がにちゃん

強火で攻めることと、最後の絡めること
この二つに気をつければOKですよ

No title

作られましたね(^^) やっぱり各家庭でレシピは違いますね~。
きれいに釘に仕上がって♪

私は今年は2日に渡って6kg炊きました。うち4,5kgほどは友人知人親への発送分です。
初日は地元スーパーで1700円(^^; でも同日、魚の棚では1200円だったそうです。なので翌日は魚の棚へ出かけ900円で買いました(^^)v
いかなご釘煮はご飯がすすみますね☆ 娘さんも大満足ですね。

雫マーマ さん

そうですね 酒に、みりんに、赤ワインだったり、水あめや、はちみつ
色々なレシピがありますからね。

それがめんどくさい、(年に一度のことなのでわすれてしまう)ということもあるのですが、シンプルにしています。あとはそうがだけか レモンの皮を入れるか、山椒の実を入れるかぐらいですね。

最後に底の雨になったザラメをどれだけほふれるかが勝負です。
プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR