高いところから天橋立を,成相寺と傘松公園 京都北部の旅⑫

丹後半島の付け根 東海岸を北に向かっています

401.jpg

丹後ミュージアム なんかにぎやかですね 
高校生の発表会をやっているみたいです

目的はこの横の道を上に行ったところです

402_20150801072656cfa.jpg

かなり急な坂を上ると 西国観音霊場28番成相寺です

そこで拝観料500円払って 先にその上パノラマ展望台に向かいます

404_20150801072658ac2.jpg

かわらけ投げもあります
これを見るたびに 肩が痛いほど屋島で飛ばしていた友人を思い出すなぁ…

406_20150801072659e7b.jpg

そして上ってきた道路 すごいですね

407_201508010727015a2.jpg

写真撮るならここで

成相山パノラマ展望台と書いた石があります

さてそれでは成相寺のお参りに向かいましょう


観光客は ケーブルカーで傘松公園まで上り、そこから成相寺まで 専用ルートを走るバスで行くのでこのパノラマ展望台知らない人もいるかも

410_2015080107284263f.jpg

少し下って 成相寺です

いきなり鉄湯船って??

411_201508010728449c8.jpg

この手水場の下の受けているもののことですね

しかし この日ほど 手をゆすぐのがうれしい日は無い
腕をなめると汗で辛いから 肘の上まで洗っていました

413_201508010728456f0.jpg

成相寺の本堂
般若心経を唱えて

415_20150801072846e18.jpg

本堂のこの左甚五郎の龍を見たら満足です

418_20150801072847410.jpg

そうそう少し離れた石段の下の五重塔も見ておかなければ

成相寺参拝を終え降りてくると

421_201508010729488d4.jpg

先ほどのミュージアムの隣に 旧国分寺跡と
こんな大きな寺 丹後の国国分寺があったのですね
聖武天皇が一国一国分寺を作りその国の平和と安全を祈祷させた後ですね


420.jpg

と思っていたら 国分寺今もあるんですね

422.jpg

この階段を上がったところ

423_20150801072951fe2.jpg

これが本堂

424_201508010729524ab.jpg

入口の門が 廃れた様子なってますよ…


そして少し北に走ると

425_20150801073044dd2.jpg

傘松登り口、府中駅です



426_20150801073045a58.jpg

この上が傘松公園

ここから海側に行くと天橋立の北側の付け根です

427_20150801073047c89.jpg

傘松公園のゆるキャラかさぼう

さて上りましょう

428.jpg

「まだ時間があるから のぼりはリフトで登って下りケーブルカー使おうぜ」

そんな声が聞こえてきました このど素人が!

のぼりはケーブルカーやロープウェイの後ろ側部分
下りはリフトがあればリフト
これが旅行者の知恵ですよ

時々登りの先頭に席どりする人がいるけれど 
山見ながら登ってどうする 運転手も何もしない
いないに等しいよ

430_20150801073050782.jpg

だんだん登っていきます
ただ 窓が開ていても暑い

433_2015080107320267e.jpg

ケーブルカー山上駅展望台

良いもの作ったじゃありませんか

434_2015080107320304f.jpg

私は 元祖股のぞきの 傘松公園に行かなければ

ケーブルカー降りてもまだ歩くのか…

徒歩三分って それにこの矢印おかしくない

なんで上なの?


435_20150801073205f57.jpg

ぎゃ~ 

 せっかくケーブルカーで登ったのに 
ここからハイキングかよ

439.jpg

何とか到着
売店が一つとその前の広場です

437_201508010732078a3.jpg

観光地にありがちな 

ここからこの倍率じゃ 海水浴場の水着姿のアップは無理だね…

440_20150801073350084.jpg

なんか云われのある松が…

もう相当堪えてます

441_201508010733513fc.jpg

これが成相寺に行くバス ここから成相寺まではこのバスしか走れません

でなければバイクでここまで来たかった

443.jpg

リフトに揺られながら

もう今日は伊根まで行くの止そう、くたくたになる前に帰ろうかとここで考えてました


445.jpg


途中で見た ケーブルカーの先頭
山を見ていますね

アイスクリーム食べて帰ろう

帰路は次の記事で

そうそう、今回水分補給もかなりやったのですが、

ペットボトルの口飲みして持ち歩くのは外気温だと危険です。

ポカリスエットなど甘いものは1時間持たないぐらいだと思ってください、砂糖、ミルクのはいった紅茶、コーヒーもです。
口内細菌が ペットボトルの中で数千倍から数百万倍に増えています
外に出たら水分はその都度飲み切ることが重要です。
一度に飲めない量だったら使い捨てのコップを持ち歩いてね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

暑いんですが 成相寺も国分寺もお参りされて よかったですね

天橋立は 今年のGWに次男が友達と出かけたのですが レンタサイクルで回ったようです

いや~でも 見晴らしがよくっていいですね  それにしても暑かったでしょう

そうなんですか。

ペットボトルのお茶

めちゃくちゃ暑いので2ℓとかの大きいの買って飲んでます。
たまに車に忘れ
翌日の朝
飲んだり。
多分
細菌は・・・
あ!
でも裕治伯爵
タイの生水や氷も平気ですから大丈夫ですね。
お腹壊した事もないし。
(笑)

メミコさん

いや本当に参りました 寺の参りも バテバテも…
五月の連休なら 私のバイクでも走れたんです… 悔しいですね

裕治伯爵さん

糖分が入っているのと 居ないのとでは 50倍から100倍の差がありますからね。
ポカリスエットなんて すごいですよ

ハイキングにペットボトル持たせる親
子供に腹痛起させる原因造りですからね

そんな親って
ラップで包まなずに作ったおにぎり、温かい所に4~5時間おいて食べるでしょうかね

ただお茶でも 普通の胃腸ならば危険です、
夏バテしている胃腸にはさらに危険です。

今なら熱中症も付いてきます

君はその体に感謝してください…笑
プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR