長い一日の始まり 友遠方より来る2015②

とりよねさんのお座敷体験の日 
それだけじゃもったいないからと一日遊ぼうとしているのですが、

夏の京都観光は暑い。

だからなるべく屋内で冷房の効いているところで、しかもなるべくリーズナブルに済ませるところ。

そこで毎年工場見学が恒例になっています

ただ 最近 どこでも大声でみゃーみゃーとしゃべる モラルの無い人たちが増え予約が取りにくくなっています

この時期の土日は 三ヶ月前の1日にすぐに押さえる必要があります

045_201509010755251b0.jpg

そこは旅行取り扱い主任の免許も持つ壁ぎわですから抜かりなく

サントリー京都ビール工場です

入り口のこのモニュメント、1970年大阪万博のサントリー館のモニュメントです

044_20150901075523cf8.jpg

これが工場のビールタンクです

036_20150901075520b23.jpg

粉砕した麦芽と天然水を混ぜ合わせて麦汁を作るタンク

工場見学の中味はしょっちゅう書いているので

037_20150901075521bba.jpg

案内のおねぇさん

038_2015090107552299b.jpg

今回お元気で 私達がエスカレーターに乗るのに
階段を上がる元気過ぎる昔のおねぇさんたち

046_20150901080056fb4.jpg

さて 試飲じゃ~

あれ グラス代わった?

048_20150901080057846.jpg

試飲は3杯までですと説明を受けてお代わりをもらいに

今日は マスターズドリームもあるんです

味比べをしたいので どちらもと言ってもらてきました

049_20150901080059c7d.jpg

後ろのおねぇさん 二杯目と三倍目ですねと渡してくれたんです

その後飲まない友人の分を飲んでいたら 時々目が合うんです

ちょっと睨まれているような…

そんなことないよね 私の体の心配だよね 笑顔のほうが似合うよ




095_201509010806085ce.jpg

と言うことで 場所を山崎蒸留所に移しましょう

055_20150901080609d17.jpg

JRの山崎の駅から 府の境を越えて大阪に入ったところ

京都府と大阪府の府境を越えたところです このあたりだけなんだよね県境じゃないのが

057_201509010806116d7.jpg

今年 11月12月と 二ヶ月間お休みです

060_2015090108061273b.jpg

一階の展示室

061_2015090108061488e.jpg

二階の工場見学スタート地点

064_2015090108082721a.jpg

なつかしき レッド

065_20150901080828f27.jpg

マダマダ高級だった オールド

066_20150901080830e1c.jpg

あこがれの リザーブ

あの頃は貧乏学生で 買う金が無かったんだよね


実は今回、予約したときより人数が増えてしまっていたので

私は別の楽しみを

070_2015090108083109b.jpg

山崎駅前まで戻り この寺の前でバスを待ちます

074_20150901080833188.jpg

左が山崎蒸留所、上にあるのが 今回の目的地です

075_20150901080938036.jpg

大山崎山荘美術館

この会社のビールは飲まないけれど
社長が買いためた美術品の公開です

076_20150901080940d95.jpg

このトンネルを通って  山荘までの道を上がります

079_2015090108094198c.jpg

到着


082_20150901080943548.jpg

この入り口を入って中は撮影禁止です
入場料900円です

天王山の麓に、大正から昭和初期にかけて建てられた洋館には、
河井寛次郎や濱田庄司、バーナード・リーチらの陶器を中心に展示。
安藤忠雄氏設計の新館には、モネの「睡蓮」などの絵画があります。

私に言わすと金に物を言わせたところです。

083_20150901080944f8e.jpg

裏の睡蓮の池

実は今回の目的は モネの睡蓮ですから

084_2015090108121792f.jpg

085_201509010812188b4.jpg

栖霞楼

もともと栖霞楼とは、平安京大内裏の豊楽院 (ぶらくいん) 正殿の東にあった楼。西の霽景 (せいけい) 楼に対する東楼の名。
その名をつけてました

086_20150901081219b6b.jpg

山手だから 眺めは良い

088_20150901081221a56.jpg

こんな山にわざわざ地下室として コンクリートの打ちっぱなしが大好きな建築家 安藤忠雄に作らせたモネの為の展示室

090_201509010812233eb.jpg

夏目漱石がこの山荘を訪ねたと言うことを記念した石碑

ビールもだけれど この美術館も 壁ぎわにはもう良いや

そろそろ 山崎蒸留所の連中も終わる時間です 合流しに戻りましょう

それでhお待ちかねのとりよねに それは明日の記事で




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

工場見学 あの暑さには閉口しました あれは後のビールがおいしく飲めるための暑さなのか・・・?  後のビールは美味しかった(笑)
美術館 結構好きな場所なんですが なかなか気楽に行けません  ちょっとハイキング気分で歩いて行きますので
いよいよとりよねさんですね 美人の舞妓ちゃんに逢えますね

Re: No title

たしかに工場見学はやっぱり食欲の秋が良いですね、熱中症対策にか色々気を遣ってくれてましたよ。
アサヒの美術館は金に飽かしたところですね、私みたいな貧乏人にはいやみに見えるところがあちこちに…
山の清水の湧く池もあるところに コンクリート打ちっぱなし大好きの安藤に地下室を作らせるなんて…

アサヒ

実は

「キリン」 「サントリー」 「サッポロ」

そして沖縄の「オリオン」も工場見学

試飲してます。

しかし「アサヒ」だけ未訪

自宅から10キロ位の所にもあるのに・・・

次回は「アサヒ」の見学

宜しくお願いしますよ。

(笑)

裕治伯爵さん

近くに西宮と吹田に工場があります
たしかに出来立てのスーパードライは香りがあって少しは旨かったですが…わざわざ行く気には
出来立てのスーパードライが飲みたければ 阪神競馬場にご案内しますよ
土日しかやってないところの生ビール古いはずがないですからね。
プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR