東山散策 みずゑ會の日③

清水寺を楽しんだのですが 

人の多さにはまいりました

118_20151024082345056.jpg

清水の舞台から飛び降りると言う言葉がありますが。

これが清水の舞台です  さて飛び降りる勇気は湧きましたか?

それより老朽化している木材建築 造りは緻密でも
 これだけの人が乗ることを想定していただろうか?

どうしても 崩れて落ちる 何とか画像と言うのが見えるんです

私に 予知能力と言うのが無いことを祈ります


126_2015102408234766f.jpg

そうそう 前号の宿題です

音羽の滝

実はこのとゆの先から出ている奴です


それをひしゃくに汲むのに行列が…

128_20151024082347de0.jpg

詳しくはこちらで  合掌

132_2015102408234987f.jpg

ちなみに 今回の散歩でよく見たのがこんな感じの女性

133_20151024082350951.jpg

洗い張りの要らない ウールの着物だろうけれど

いくら日本語を話せない民族だとしても

金を折らってやっているのなら もう少し綺麗に着せてやれよ

そして 立ち居振る舞いを 少しだけでも教えてやってほしいものですね


142_2015102408251973f.jpg

坂の下りは まだひざが悪くはないので 楽でした

ただお腹のほうが だいっぶ空いてきたんです

でもこのあたりは高いから…


それに店は人が一杯で 一人でテーブル占領するわけには…

145_20151024082520d23.jpg

ここを右に曲がって

146_20151024082521e0c.jpg

二年坂を

151_20151024082522410.jpg

お土産物は要らないし

152_201510240825247cd.jpg

こんなお店におっさん一人では入れないし

154_20151024082625b0c.jpg

レストランなんだけれどね

156_20151024082627629.jpg

そうそうこれ

日本語だけで書いてあるけれど

日本人向けの看板なの??

160_20151024082629085.jpg

夏の夜 ぼんぼりが並んでいた道を

162_2015102408263053c.jpg

歩いて降りていきました

雑踏を抜け 川沿いの大通りから少し上がった路地

164_20151024082631bb4.jpg

こんな洋食屋さんを見つけました

名は富士屋

私らの代で終わりですと言う 三代目の老夫婦がされていました

166_20151024082749eb2.jpg

カウンターだけの店

まず座って ビールはスーパードライ以外有ると聞くと

うちサッポロですと  うれしいありがたい 一本頂戴

あとビフカツと

167_2015102408275161c.jpg

ビフカツ すじ切から始めますんで これおあがりやす

京都の店で 無料の物サービスしてもらったの これが初めてじゃないかな

168_20151024082752873.jpg

オープンキッチンなので 親父さんの様子がよくわかります

コック服着て帽子かぶって 昭和の洋食屋さんが生きてました


科目に見えるマスターですが 慣れると口が開いてきますね

170_201510240827540c0.jpg

柔らかいですね

素材にはこだわってますからと

これで1400円は満足の一品です



その時に 台湾から来た子たちだろうか
チョット似合わない着物来た子が5人入ってきた

おかみさんは、 ビーフ オア ポーク?
色々と頑張って聞き出していました

最近どうも 京都観光の外人さんのランチの口コミネットで
書かれて要るらしいんだそうで 半数以上が外人の観光客だとか
京都は食い物も高いから、こんな人が増えるんですね
夜オムライスだけ食べにくる子もいるとか


173_201510240827553ff.jpg

この路地の左側の店です

冨士屋
冨士屋
ジャンル:昔ながらの洋食屋
アクセス:阪急京都線河原町駅 徒歩15分
京阪本線祇園四条駅 徒歩10分
住所:〒605-0825 京都府京都市東山区祇園下河原町478(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 円山公園・高台寺・清水寺×洋食屋
情報掲載日:2015年10月24日





174_20151024082941767.jpg

これを左に見て

175_201510240829438b6.jpg

この交差点の 

176_20151024082944e98.jpg

一本南の筋を 東(山側に入ったところです) 夜八時までやってますと 
腹が減ったらまた覗きたい店です

ただ あと2年か3年か マスターお元気で頑張ってね
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

清水の舞台・・・お転婆な姉は小学生の頃 ここを下から登ったのだそうです
男子全滅 女子2名成功と今でも自慢してます(笑) 今時こんな所登ったらどうなるのでしょうねぇ~(ハハハ)
音羽の滝も茶碗坂も二年坂なんぞも こう人が多いと・・・ まぁこれで京都も潤っているのですけれどもね・・・感謝しますか

Re: No title

ここをガキいいえ ガコが登ったと それはさぞきついお叱りを受けたんでしょうね…笑

この人で だんだん日本人観光客が減ってるかもしれませんね

No title

きついお叱り・・・いえいえ なんのお咎めも無に帰って来たそうです
むかぁ~しの事ですので  悠著なものですわぁ亜8笑)

がにちゃん

昔は木登りも電柱登りも、そういえば作っている最中の風呂屋の煙突に上ったこともありますね

懐かしい昔ですね
プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR