生地から富山市まで  北陸の旅⑧

黒部まで戻ってきました。

黒部ダムではありません、黒部の漁港です。



DSCN0977.jpg


黒部川に沿って 山あいに位渓谷鉄道が続き 黒部第四ダムなど
そちらの方が有名になりましたが

黒部市の市役所も 海岸にに近い平野部に有ります


DSCN0978.jpg

黒部漁港隣にある 海の駅です

DSCN0979.jpg

イベントをやっていたので 漁師汁で体を温めて

DSCN0981.jpg

とれたて館は 水産物製品が主の お土産物売り場

できたて館は 食堂です

DSCN0986.jpg

このあたりは名水の郷

海岸近くでも、穴を掘れば 立山の雪解け水が地下から出てきて 

真水の湧くところです

DSCN0988.jpg

ここら 生地(いくじ)の町は 名水の里です。

DSCN0989.jpg

あちこちに湧き水が有り

DSCN0992.jpg

湧き水を使った共同洗い場もあります

DSCN0993.jpg

上は食品を

夏場はトマトやスイカが浮いてます

DSCN0995.jpg

こんなところでも 開発の波に対抗しているんですね




DSCN0996.jpg

つづいて 魚津に

この建物が 道の駅蜃気楼です

DSCN0997.jpg

ここを蜃気楼ロードと言って

DSCN0998.jpg

春の暖かい日には 蜃気楼が見えると言うのですが

みえないかなぁ…

でも日ごろの行いの悪いやつばかりなので…

DSCN0999.jpg

園内で何か食べようと思ったのですが

満員でした

もともと 食事する施設の少ない所ですから…

DSCN1000.jpg

魚津埋没林博物館

沈んだ森が 湧き出す水が多く 越されてプランクトンがいないので

腐らずに数万年残ったもの


でも それより腹が減ったと

でも店が無い…


DSCN1006.jpg

ようやく見つけた 中華料理店 ワンフー

富山の 餃子御王将と言う感じの店

待ちが出ていて 8組ほど待ちました

DSCN1008.jpg

何か面白いものないかと探して

DSCN1012.jpg

俺の鬼盛りかに天津飯と  鶏のから揚げ2個

DSCN1015.jpg

出てきたときには期待大

これで 824円は安いねと思ったのだが


唐揚げ二個 186円は冷たい

天津飯は飯がくそ不味い

隣は新潟米どころなのに
富山には旨い飯は無いかもしれない

本当にそう思った壁ぎわです

少なくても関西に来たら 3ヶ月持たない味でした
と言うか 地元の店ならきっと文句言ってるだろうなぁ



DSCN1018.jpg

何とか無理して詰め込み 次のホタルイカミュージアムに向かいます

DSCN1023.jpg

入場券買ったら 金太郎飴貰いました

DSCN1024.jpg

そして生きたホタルイカが

触れるって 食べても良いですか? 
きっと顔つきが変わってダメって言われるんだろうなぁと…



暗い部屋で 網から揚げた時に光る ホタルイカの実演を見て満足です

日本の足と 目と 体の模様と 三つの別な光かたをすると言うのを覚えました


またここでは ホタルイカの漁の見学もできるそうです

よく聞くと 予約制で、朝2時集合 2時半出港の3時過ぎ帰港

近くの宿泊施設が便利ですと

費用は一人 5000円 !!!!


あきらめます


DSCN1026.jpg


ようやく富山市の繁華街に近付いてきました

そうなると皆また元気になり 温泉行こうぜと


DSCN1029.jpg

日帰りできるこの施設に 時間ぎりぎりに飛び込みました

日帰りで温泉って言うけれど

DSCN1030.jpg


ホテルだったんですね

我々の泊まるところは ここの半額ぐらいのホテルですから

ええ 駅前のホテルに向かうことにしましょう













スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

黒部と言えば山 の感じがあるのですが
名水・・・ いろいろあるのですね 

がにちゃん

そうなんです だから なおさら好きになった富山です。

私にはアルペンルートよりこちらがあっているようです。
プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR