敦賀で銀河鉄道999を探して 福井の旅⑤

敦賀と言えば 松本零士の銀河鉄道999

久留米市の生まれで東京都練馬区在住。


敦賀では………

ちょっと調べてみましっょう



敦賀駅から。シンボルロードは、敦賀駅前から氣比神宮にかけて続くアーケードに沿った道で、「銀河鉄道999」や「宇宙戦艦ヤマト」にまつわるブロンズ像がずらりと設置されています。

なぜ、敦賀の街に松本零士氏の両作品をモチーフとしたブロンズ像が並んでいるのでしょうか。そのヒントは「銀河鉄道999=鉄道・科学・未来」「宇宙戦艦ヤマト=港・科学・未来」です。

敦賀は日本海側で最初に鉄道が敷かれた街です。かつて、東京とパリを結ぶ「欧亜国際連絡列車」が敦賀港駅を経由して走り、昭和32年には国内では最初の本格的交流電化が完成、さらに昭和37年には、完成当時日本一、世界第5位の北陸トンネルが開通しました。敦賀は日本海側の交通の要所として「日本でも有数の鉄道と港の町」だったのです。このシンボルロードに設置されているブロンズ像は、1999年に敦賀港開港100周年を記念して、市のイメージである「科学都市」「港」「駅」と敦賀市の将来像を重ね合わせて設置されたものです。

と言う事らしい

ホテルにチェックインして シャワーを浴びて

夜の街にはまだ早いので 999巡りをしてみることに

DSCN2432.jpg


この像の横で ワンカップでも飲んでいるところの写真を撮りたかったが

さすがに シャッターを押してと頼める人がいなかった


後は解説がわからないので 写真を見てください


DSCN2447.jpg



DSCN2448.jpg



DSCN2450.jpg



DSCN2452.jpg



DSCN2453.jpg



DSCN2454.jpg


バス停にも こんな絵がかいてありました



DSCN2455.jpg



DSCN2459.jpg



DSCN2460.jpg



DSCN2462.jpg



DSCN2463.jpg



DSCN2464.jpg



DSCN2465.jpg



DSCN2466.jpg



DSCN2469.jpg

999だけでなく ヤマトのキャラも

アナライザーです

DSCN2470.jpg



DSCN2471.jpg



DSCN2472.jpg



DSCN2473.jpg


バス停や 像を見ながら回っていると

やっぱりこういうのがあるんですね


なんだか ちょっとなぁ と言うのが


DSCN2474.jpg

確かに色は違うけれど

キャラをすべて知る人の方が少ないから

でも 感覚もかなり違うけれど

DSCN2475.jpg


説明書き?

心で話を聞きます?  敦賀信用金庫の宣伝でした


なんだかなぁ…

再び戻って


DSCN2476.jpg

サーシャの最後

DSCN2477.jpg


このキャラは知らない


DSCN2479.jpg


これもその一つなんです

惑星デザリアム

上のスカルダートの罠に気付いた ヤマトの乗組員が

波動砲で敵母星を打つと 金属の星が現れたと

これを知っていれば かなりのファンですね

DSCN2484.jpg

違う形の絵も

DSCN2525.jpg


そして ヤマトの 五代と森雪


だいぶ歩いた 壁ぎわでした


それでは ふつうの壁ぎわにもどりましょう

のどが渇いたぞ~


















スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

へぇ^~^  懐かしいですね 子供が幼稚園~小学生の頃はゴダイゴとヤマト一色でしたね  タタタ~ン タタタタ~ン ピアニカに小太鼓  京都市幼稚園フェステバルはこの曲でにぎわっていましたわ!

がにちゃん

昔懐かしむ そんな感じでした
だって 今の子はトトロですからね


しかし 敦賀とつながりのほとんどない松本零士がよく受けましたよね
プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR