旅立ちはいつも夜中? 紀伊半島縦断の旅①

7月31日のあさ早く目が覚めた
家人に言わせると 真夜中だそうであるが

昨日紀伊半島の旅のパンフレットを見ながら、ビールを飲み
早く寝たものだからたちが悪い

よし 行ってこようか


DSCN4360.jpg


軽い気持ちで スクーターにまたがり 出発です

最初の赤信号で ガソリンをを確認しておかなければ

これだけあれば 大阪と奈良の堺ぐらいのセルフで良いなと

時間は4時半にもなってなかったんですね


DSCN4363.jpg




阿倍野を抜けて

ハルカスの前を通ります

DSCN4364.jpg


この塔の周り明日は混むんだろうなと
 PLの塔を見ながら

河内長野で 給油して だって 6リットルタンクですから

五條に向かうことに

そこから168号を南下予定です


DSCN4369.jpg


川上神社で 安全祈願を

実はここで 1時間半 割と寒い中を走ったので

体を延ばさなくてわ

これも安全祈願ですよね


DSCN4370.jpg


しかし



DSCN4371.jpg


階段、階段と



DSCN4373.jpg



どこまで登るんや


DSCN4377.jpg


ようやく本殿

十分運動になりました

しかし 先日落としたのでカメラの調子が悪い

暗いときれいに写りませんね まだ薄暗い時間です



DSCN4379.jpg


大阪と奈良との境

まだまだ上りは続きます


行者湧水

ここで行者ものどを潤した名水ですね


DSCN4380.jpg


と言ってもこの時間では中には入れません
水をくむところが 柵の向こうなのが恨めしい…


DSCN4381.jpg


奈良、五條に入りました

まだ起きている人の少ない町なか


こんな神社が


DSCN4382.jpg


由緒のあるところのようです



DSCN4383.jpg



ここにも手を合わせて


DSCN4384.jpg


町中を流れる川は よしの川

吉野川は 四国を流れる 四国三郎ですから


昔から川の序列は

坂東太郎 (利根川)
筑紫次郎 (筑後川)
四国三郎 (吉野川)

もっとも暴れ川の順列ですが

遠慮して ここはひらがなですね


DSCN4385.jpg



五條を過ぎると 本格的な山道

涼しくて 道の温度計が 21度でした

トンネルに入るとなお肌寒くなるんです

それでも 南に向かう壁ぎわでした











スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

酷道に入ってきましたね!紀伊半島の垂直に通る道はだいぶ整備されて広くなりましたけど、横切る道は険しい道が多いですね。
自分が先日通った洞川温泉から川上村へ抜ける道もなかなか険しかったですよ。

Re: まあくん

> 上手いこと言いますね
>
> そうです、 バイパス化されたところは広いですが 横切る道は酷道ですね
>
>
だから スクーター万歳の道ばかりでした
>
>
> 大きなバイクにどんどん抜かされてはいましたが
>
> 山道に向かないハーレーをさんざんあおって走ってました…笑
>
> 停まったところでヘルメットを取ると 私よりかなり若い男性でしたよ

>
> 川上村の道も そうですね でもそのぐらいの方が 

焦ってはしらないのが田舎なんですけれどね

何だか・・・

そんな時間にゴソゴソと・・・
山の神様が目覚め
逆鱗に!
って事はなかったですか?
裕治伯爵も
早起きして・・・
何か同じような旅になってそうです。

そうです裕治伯爵さん

> 逆鱗には
ではもう少し早い時間に帰ってきても入れてもらえなかったというパターンでしょう

最近疲れたら 7時前に眠ってしまって

起きたらすることが無いと言うパターンなんですよ

困ったものです
プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR