鯨の街 太地 後編  壁ぎわツアー⑯


ぼったくりの洋館の先には 良い所があるのでは

悪い所だけじゃないはずと 足を延ばしてみました


P1030289_20171020101237241.jpg

吉野熊野国立公園

梶取埼灯台(かんどりざきとうだい)
梶取崎という地名は、熊野灘を航行する船が、この岬を目標にして梶を取ることに因むといわれている。

舵ではなく梶なんですね

P1030288_20171020101236c1a.jpg

これは気持ちの良い所

駐車場もあり もちろん無料です


二組の家族がピクニックしていました


P1030284.jpg

くじら供養碑。

毎年4月29日に、ここで「くじら供養祭」が行われます。


鯨の街 太地に似合った碑ですね

捕鯨がしにくくなった今日でも

さすがと思ったのですが

…………


P1030283.jpg

何と言う看板

考えられない…

物事を教えられない親っているものですね

P1030281.jpg

この上に 子供を乗せて

写真を撮る親がいるとしたら

恥を知れと言ってやりたいですね

墓石に子供を乗せて 
じいちゃんに抱っこしてもらっています
そんなこと考える馬鹿よりひどいですが…


P1030282.jpg

気を取り直して 灯台へ

白い灯台が後ろの青い海に映えてます


P1030286.jpg

灯台のてっぺんには


P1030287.jpg

風見鶏ならぬ 風見くじら

こんなの大好きです


P1030291.jpg

少し戻って


P1030294.jpg

港に面する 飛鳥神社の祭礼のようです


P1030295.jpg

このお社 とりいをとおして 海の安全を祈願しているんでしょう

ただ……

海との間に 魚協の大きなビルが建って

視界を遮られていました…

この罰当たりが


ここらの地域は バチ当りなんでしょうか?


P1030296.jpg

首をかしげてもらいましょう


P1030297.jpg

脇社のお社


P1030298.jpg

赤い鳥居越しに お稲荷さんも


P1030299.jpg

絵馬もありました

勿論、鯨ですね



P1030292.jpg

漁港のスーパーで売っていた うるめイワシ

この目のきれいな所に驚いて 

購入したいなぁ安いし…

隣町 勝浦のイワシでした



P1030300.jpg


250円の スジャータのソフトクリーム食べて 

太地とお別れでした








続きを読む

鯨の街 太地 前編  壁ぎわツアー ⑮

白浜を後に潮岬や立杭岩を無視して

鯨の街太地にやってきました


P1030269.jpg


まず道の駅で

P1030270.jpg

う~ん

300円を越えれるソフトクリームは高級品ですから…


P1030271.jpg

鯨あります
欧米人に見せてあげたい


P1030272.jpg

一袋200円
なんて安いミカンなんだ

とか言いながら 試食だけしてました


P1030273.jpg

壁ぎわではありません

壁かけです


P1030274.jpg

それより オカリナ

これで音が鳴るのがすごいですね


P1030275.jpg

鯨のモニュメント


P1030276.jpg

かつて使われていた捕鯨船が


P1030301.jpg


こちらは土産物売り場

P1030302.jpg

美術館なんて言うのもありました


P1030303.jpg

向うの建物が 鯨博物館

イルカショーや 水族館があってバカ高い所
そう思っていたら 入場料1500円だった

裕治君ごめん 次回は寄ってみましょう

詳しくはこちらで


P1030304.jpg

捕鯨船を見て


P1030305.jpg

観光船の時刻表を見て


P1030277.jpg

岬の先の こんな洋館にも

立ち寄ろうかどうしようか


P1030279.jpg

って なんでこんなに高いの??

驚きでした


P1030278.jpg

私にはここで十分ですよ

岬の裏手の方も見てみましょう

後半に続きます







白浜の朝観光 壁ぎわツアー⑭


旅の朝です

快晴 気持ちが良いですね

P1030260.jpg

お世話になった 白浜御苑

朝ごはんもたっぷりいただきました。


P1030263.jpg

では少し白浜見学も

これが円月島


P1030262.jpg

詳しくはこちらで


P1030264.jpg

釣り人 良いなぁ

旅先で釣りができれば最高ですが

そんなに時間が無いんだよなぁ

貧乏暇なしです


P1030265.jpg

京大水族館

まだオープン前の時間ですから


P1030267.jpg

白浜らしいところにも案内しなくては

ならばここに  崎の湯です


P1030268.jpg

ここから先は撮影禁止

ピンクの暖簾の向こうは……


DSC_1314.jpg

男は左側のこちら

何故奥かって?


DSC_1315.jpg

男性の方は ここから丸見えですから

逆なら行っていたかも…


DSC_0927.jpg

ここはついこないだ行ったばかりだから

同行の裕治伯爵は 飛び込むんならここではなく


DSC_0882 (3)


ここ東尋坊に決めているんだと

では先に進みましょう

つづく








白浜御苑の朝  壁ぎわツアー⑬

旅先でも いつもの様に6時前に目が覚めてしまう


P1030240.jpg

そんな時に 温泉大浴場は嬉しいですね

P1030241.jpg


さすがに温泉の写真はありませんが

この中庭に面してます

P1030242.jpg

ここで何をしているのかって?

レストランのオープンを待ってました

P1030243.jpg

一番に入って

テーブルの様子を取りたかったから

焼き魚と和食のコーナー

P1030244.jpg

こちらはデザート

P1030245.jpg

ご飯の友たち

岩ノリ、おかず味噌、梅干し、めかぶとろろ、腐れ豆…

P1030246.jpg

オムレツは嬉しい

目の前で焼いてます

二度取りに行きました

P1030247.jpg

焼き立てパンのコーナー

まだ熱々です

P1030248.jpg

では ブレックファーストに

P1030250.jpg

こんな感じのモーニングです

なかなかきれいですね

P1030251.jpg

そしてデザート

モーニングですから

……

P1030249.jpg


そろそろ焼けてきたかな?

朝食もいただかなくては


P1030252.jpg

こいわしの一塩

骨は再び焼いて食べました

P1030253.jpg

では朝食です

P1030254.jpg

生卵もありましたが

温泉卵を そばとみそ汁に入れたので遠慮です

P1030255.jpg

ご飯の上に 茄子の含め煮を乗せてきました


P1030256.jpg

そうそう 鳥の出汁茶漬けも

〆の一品ですね 三つ葉がよく効いてます


そしてコーヒーをいただいたら

P1030260.jpg


今日も元気に旅が始まります

白浜御苑さんありがとう
また来ますからね
迷惑でも……








続きを読む

湯快リゾート 白浜御苑でバイキング  壁ぎわツアー⑫

奈良を出て 白浜に向かいましょう

ナビに目的地を入れると


P1030201.jpg

もう一度大阪経由かい!

P1030202.jpg

岸和田サービスエリアで小休止したら

白浜まで急ぎましょう

P1030205.jpg

白浜御苑に着いたらもうこんなに暗くなってました

これは足湯です

P1030206.jpg

温泉地白浜ですから
まずは入浴です

お腹の具合を活性化しておかなければ…

P1030203.jpg

旅館によくあるぼったくりの自販機
じゃないんだよなぁ…

でも飲み放題も取っているので 我慢です

P1030208.jpg

では夕食の時間です

ディナービュッフェです

P1030207.jpg

今回ここは 松茸食べ放題

釜飯、土瓶蒸し、茶碗蒸し、天ぷら

これらが食べ放題

でも 釜飯は要らないなぁ ビールが主食ですから

P1030209.jpg

土瓶蒸しって

土瓶が無く 大なべに松茸の汁になってました

大きな器でもらいました

P1030210.jpg

松茸の天ぷらと 気持ちだけ釜飯も

P1030211.jpg

マグロと甘エビと 白身の魚は良いけれど


P1030212.jpg

松茸の茶わん蒸しってこれだけ?


P1030213.jpg

エビ天と 肉も 必要ですから

P1030214.jpg

長距離運転のご褒美に ザプレミアムモルツ

旨いねぇ…

ただ あっという間に 蒸発するのは何故?

P1030215.jpg

仕方がないから直ぐにおかわりして…

これが飲み放題の魅力ですね

ここの飲み放題は 1500円です 


P1030219.jpg

今日の目玉はこれかな?

松茸の天ぷらです

熱いうちが良いですね

P1030217.jpg

ここで揚げたてを取って来たのだけれど

板さんどこかに行ってしまった

山に具材を取りに行ったのでしょうか

おねぃさん方が待ってますよ

P1030218.jpg

こちらの天ぷらは 海老や他のものが


P1030220.jpg

松茸の茶わん蒸しならこのぐらいで無いと

土瓶蒸しの松茸をトッピングです

実際茶わん蒸しには 銀杏一つと松茸一切れだったから…


そんなにマツタケで遊んでいると
松茸の神様から罰を当てられるぞと…

P1030221.jpg

板さん帰ってきたから 天ぷらふたたび

今回は抹茶塩で

P1030222.jpg

ビールが旨いんだけれど


P1030223.jpg

先日 見学に行った 和歌山は岩出の蔵の酒ですね

これは少しでも売り上げに協力しなければ

P1030216.jpg


熱燗にはやっぱり魚ですね


P1030224.jpg

自分で向くのが面倒になってきましたが 甘エビも


P1030226.jpg

冷酒も有ったので お猪口に入れてもらいました


P1030225.jpg

吟醸の冷酒なら 松茸の天ぷらにも合う

旨いねぇ…

P1030228.jpg

こっちも飲み放題

角の水割り  ほとんどオンザロックで

楽しんでいたら…

お食事の時間
あと10分少々ですと

時間がたつのが早いねぇ

P1030230.jpg

ならばデザートタイムにしますか
チョコフォンデュ

……… 似合わネ~

P1030232.jpg

アイスクリームもいいねえ

P1030237.jpg

適当に みつくろって

イイ感じですね

P1030238.jpg

プリンとメロン

P1030234.jpg

ソフトクリームも

機械が暴走した?

P1030236.jpg

口で手直し

このぐらいで勘弁しといたろか…


このあと スナックのような中の施設で

フロントのおじさんが バーテンで

呑み放題でいろいろと世間話を 一時間のみ放題で800円ほど
二時間うだうだと 話し込んで

P1030239.jpg

へやは Wルームのシングル使用

枕二つ重ねるぐらいでちょうどよかった

P1030240.jpg


寝付く前に 風呂でも入ろうか

常に一人部屋を取っているので
部屋に戻れば 各々自由時間

これも壁ぎわツアーの原則です








ホテル川久 王様のビュッフェ  秋の合宿⑪

秋の旅二日目のメインは

宮殿の様なホテル川久での 王様のビュッフェ

月に二日だけ ランチタイムにも行われると

5000円プラス消費税、入湯税、サービス料で 温泉付きです

CIMG1391.jpg

白浜の東南の角地に建てられた

この建物です

CIMG1392.jpg

前代が 金に糸目を付けぬと

400億かけて造った城(宮殿)です


CIMG1393.jpg

最低宿泊価格が 35000円だったことも有るところですが

CIMG1394.jpg

バブルがはじけ倒産の憂き目にあい

いまでは 18000円で一泊二食が出来るようです



では ランチバイキング 

月二回だけのランチタイムの 

王様のビュッフェを楽しみましょう

CIMG1395.jpg

和食から

CIMG1396.jpg

色々と集めて

CIMG1397.jpg

ウナギまで

CIMG1398.jpg

ビーフシチュー?

いいえ ワイン煮です

CIMG1399.jpg

ステーキ

CIMG1400.jpg

握りずし

実は 職人さん すしロボットから

形の出来たすし飯出しているのが見えてますよ

CIMG1401.jpg

カニとマグロのカツ

カニの裏は真っ白ですね

CIMG1402.jpg

ローストビーフ

CIMG1403.jpg

てんぷら

えびと松茸と…

えびはバナベイ

松茸は信頼の中国産

CIMG1404.jpg

ローストビーフは オージーかな?


CIMG1405.jpg

ステーキは脂肪注入牛

CIMG1406.jpg

土瓶蒸しの出汁は サイフォンで一杯ずつ

混ぜちゃだめですよ

CIMG1407.jpg

熱いサイフォンで出した出汁を、後入れなので濁りますね

CIMG1408.jpg

それでも 小さい鉢はいろいろ手が込んでいて

CIMG1409.jpg

見ていても楽しめました

CIMG1410.jpg

温泉が 1500円としたら 3500円ですからね

CIMG1411.jpg

ならば 少々行儀悪くても

CIMG1412.jpg

バイキングに戻って

CIMG1413.jpg

いろいろ楽しみましょう

ビールは別料金だから我慢して
用意されたソフトドリンク呑んでました

ピンクの果物のお酢を水で薄めたものを

CIMG1414.jpg

赤ワインも別料金だから我慢して

CIMG1415.jpg

地酒も別料金だから我慢して

10月の初めにこの近くの宿で
 2000円の飲み放題するんだから
とにかく我慢じゃ~

CIMG1416.jpg

ほぼ刺身の切れ端だけの海鮮丼

これに 土瓶蒸しの出汁かけたかった…

CIMG1417.jpg

チーズも好きなんです

CIMG1418.jpg

でも こんなもの食べたら 呑まなきゃいられなくなるから 我慢じゃ

だいたい 二日目は運転手ですから…



CIMG1419.jpg

ならば……


CIMG1420.jpg

普段はほとんど食べない

CIMG1421.jpg

禁断の地も散歩してみましょう

CIMG1422.jpg

すると皿の上にはどうしても 貢物がならびます

CIMG1423.jpg

早く召し上がらないと解けますよと

CIMG1424.jpg

この添えられた 温かいもので 流し込むことに


けど良かった

本当に良かった

CIMG1425.jpg

サッポロの中瓶が 税サービス料別で 1050円

それより ウーロン茶探ししていたんです

冷たいウーロン茶ありますかなんて聞いたら 
お席までお持ちいたします と言われることでしょう

それで 600円だったんだ

三人いるので3本なんて言ってたら 2000円超えてましたね

危ない危ない

CIMG1426.jpg

では 温泉を満喫

なんと洗い場には シャワーが個室になってました

CIMG1427.jpg

土産物屋には モエシャンドンの小瓶が

海岸を歩くときに乾杯してはと…


彼女と一緒だったらなぁ…

CIMG1428.jpg

こうして

別世界で 楽しみました


CIMG1430.jpg

ちなみに後付けしたからか

似合わないこの建物が 露天風呂です

室内のバスルームが豪華なので 

大浴場に行く客は少ないと考えてたんですね

CIMG1431.jpg

こうして 白浜まできて ランチを終えた壁ぎわでした










甚風呂(資料館)  湯浅2  秋の合宿⑩

湯浅の街で 壁ぎわが見せたかったのが

甚風呂と言う資料館です

CIMG1360.jpg

この標識を奥に入り

CIMG1361.jpg

この建物です

道(路地)が狭くて 全景が撮れません

CIMG1362.jpg

説明書き

CIMG1363.jpg

ようやく10時になりました

CIMG1371.jpg

では入りましょう

無料の資料館です

CIMG1372.jpg

本名は戎湯

昭和の終わりまで使われていた暖簾です

CIMG1373.jpg

どっちが男湯で

CIMG1374.jpg

どっちが女湯だったか知らないけれど

そこは通り過ぎると

CIMG1375.jpg

住まいだったところが資料館になっています

CIMG1376.jpg

田舎に帰ったような気分

CIMG1377.jpg

ただ こんなおみこしは家には無かったなぁ…

CIMG1378.jpg

これかすかに覚えがある

もう、あらシックスだもんなぁ

CIMG1379.jpg

船用の金庫

浮き輪代わりにもなったのだとか


CIMG1380.jpg

こんなテレビで 東京オリンピックを見たような

CIMG1381.jpg

色々見ていたら

CIMG1382.jpg

ここにも 謎の薬があったのですね


CIMG1387.jpg

小さな民具館と言うのもあったのですが

ダブってました

CIMG1385.jpg

ただ ここの醤油やの年表を

CIMG1386.jpg

鎌倉時代に 生姜 径山寺味噌のつくり方を教え
その滲み出した液体で 煮炊き物をしていたんだと

それが醤油のはじまりですね


湯浅の隣町 広川へ

CIMG1388.jpg

時間が無かったのですが
ここが見せたくて

CIMG1389.jpg

この立派な家が

CIMG1390.jpg

稲村の火の館ですが

時間が無かったので 来月ゆっくりと訪れる予定です

解説はその時に。


今日のメインのランチに急ぎましょう







醤油の町 湯浅1  秋の合宿⑨

今回訪ねたのは 

有田ミカンの有田の南部 湯浅です

CIMG1345.jpg

湯浅伝統的建造物保存地域です

昔の建物が残る場所

そしてこの街には 醸造香が残ってます


CIMG1346.jpg

まずは氏神様に挨拶して


CIMG1347.jpg

懐かしき風景の街を歩きます


CIMG1348.jpg

この街が 醤油発祥の地

自然豊かで歴史情緒あふれる醤油発祥の地と
湯浅町役場公式ホームページにも載っています。


CIMG1349.jpg

そんな醤油づくりの蔵元の 並んでいた街です


CIMG1350.jpg




CIMG1351.jpg

ところどころは現役で


CIMG1352.jpg

贈答品となる

超高級醤油も作られています


CIMG1353.jpg

日本遺産に認定されたと

ならば 千葉が醤油の発祥地と言うのを否定しろよ


CIMG1354.jpg

こちらは資料館


CIMG1355.jpg

江戸期の醤油の仕込み蔵です


CIMG1356.jpg

入って見ましょう


CIMG1357.jpg

さすがに中は暗い

資料館ですから フラッシュ撮影はいけませんよね


CIMG1358.jpg

帳場


CIMG1359.jpg

麹室


CIMG1364.jpg

金山寺味噌を売る店


CIMG1365.jpg

こちらの暖簾は いらっしゃいませと書いてありました


CIMG1366.jpg

塗りなおしてきれいになっているところ


CIMG1367.jpg

焼板塀が 年季を増したところ


CIMG1368.jpg

暖簾にイセエビの刺繍が

ここ魚屋だったのですね


9時50分に ここについたので

10時からの資料館を見るために 

時間つぶしに歩いてました


つづく




加太  なっちゃんと走る 最終話


山越えの道 実はこちらに続いているのも熊野古道だったんです


DSCN2480.jpg

海南市に入りました

DSCN2481_2017080308121167a.jpg

黒江の街です

紀州漆器の職人と問屋の町として室町時代から栄えてきました。

[温故伝承館]
もともとは老舗酒蔵。実際に使われていた酒造りの道具や昔の生活用品を展示しています。収蔵品の質・量は日本でトップレベル。

DSCN2482.jpg

[黒牛茶屋]
昔の酒づくりの道具を材料にしたテーブル・いす・壁板など酒蔵ムードいっぱいの内装です。 こちらでは、名手酒造店の清酒「黒牛・一掴」などのきき酒ができます。

DSCN2483_201708030812146b5.jpg

歩いて回るのにちょうどいい

DSCN2484_20170803081215d75.jpg

こじんまりとしたとした観光地です

DSCN2485_2017080308121793c.jpg

今でも漆器の店が多数あります

DSCN2486.jpg

おおきな駐車場のあるところも


DSCN2488_20170803081221f53.jpg

だんだん和歌山に近づきます

紀伊三井寺

右手の高台まで上る気力がないし
停めるところがない

DSCN2489_20170803081223b02.jpg

なっちゃんで上まで行けないかと思ったが…

DSCN2490_201708030813300c3.jpg

駅からはもっと遠いので 今回はあきらめることに



DSCN2491_201708030813329b2.jpg

和歌山の最終の立ち寄り地は 加太

加太淡島神社です

鳥居の中 左側が満幸商店

11月の秋の合宿では ここで飯食いたいなぁ…

DSCN2492_201708030813333bd.jpg

ホテルで立ち寄る湯もあるけれど


DSCN2493_201708030813350f8.jpg

海産物市場もあるけれど

暑い~~

DSCN2494_20170803081336fd0.jpg

海水浴場 そんなかっこうしてない

DSCN2495_20170803081338422.jpg

観光案内所 クーラーの利いている部屋は無い

DSCN2496_20170803081339714.jpg

そこは海色一色

DSCN2497.jpg

駅に行けば何かないかと

DSCN2498.jpg

そう思ったが 何もなかった

DSCN2499_20170803081344303.jpg

あきらめて 岬町を越えて帰ろう


DSCN2500_20170803081345f1c.jpg

前回 白昼夢に浸った 泉南のサザン

クーラーは嬉しかったが

窓際の席は ばあさんたちに占められてしまっていた

あきらめて帰ろう

DSCN2501.jpg

関空へ行く橋

それを見ながら渋滞に遭遇

車の間をすり抜けていると 
白黒の車のおっさんににらまれた

DSCN2502_201708030813499b5.jpg

ようやく帰着 6時22分
一泊二日 698.3キロの旅でした







有田川とあらぎ島  なっちゃんと走る⑪


和歌山には きれいな海岸も有れば

山手にも面白い景色もある
海岸線を味わったら 今度は山の風景も見に行こうか


DSCN2439_201708030739469f4.jpg

大阪から和歌山越えで竜神温泉に向かうときにはよく通る道

その道の駅にも立ち寄ってみるか

DSCN2440_20170803073948a40.jpg

今はB級品とは言わないんですね

二級ハウスミカン

夏の暑い時にも 今はミカンが食べられるんです

昔、夏のみかんが食べたいと言えば
落語で 千両ミカンと言うのがありましたね


DSCN2441.jpg

夏のスイカも
これは時期通りです

DSCN2442_2017080307395028f.jpg

ここの天ぷら旨そうなんだけれど
スクーターでは家に帰るまで持たないよなぁ

DSCN2443_20170803073952da1.jpg

現在地から 東(右へ) 有田川沿いにうねうねと走ります
ナビが無いので時々確認しとかねば

DSCN2445_201708030739554e6.jpg

今回見たかったのは ここ

DSCN2446_20170803073956171.jpg

有田川が 周囲を囲んだ
あらぎ島と呼ばれる 田んぼです

DSCN2444_201708030739541f9.jpg

こんな感じでした

実は3度目

今回なっちゃんだから歩かずに済みました

DSCN2448_2017080307395893f.jpg

展望台から 200メートルぐらい先に 駐車場があります

DSCN2449.jpg

1キロぐらい離れたところに道の駅が

DSCN2450_20170803074001603.jpg

道の駅 あらぎの里です

DSCN2451.jpg

ここの食堂 おかずが二品と こんにゃくうどん 韃靼そば
その組み合わせしかありません

DSCN2452_201708030740049b4.jpg

おばちゃん三人で 土産物売り場のレジも兼ねてます

DSCN2453_20170803074005c29.jpg

おっとスペシャルメニューもありました

地鶏ドンと 地酉カレーです


DSCN2454_201708030740079f9.jpg

テーブルの上には 山椒パラダイス
この地は山椒の名産地なんです

DSCN2455_2017080307400897c.jpg

冷やし韃靼そば定食
一品はから揚げで

DSCN2456.jpg

韃靼そば
この地の製麺所で作った生そば

DSCN2457_201708030740116a7.jpg

唐揚げも 地鶏ですから

DSCN2458_20170803074013d02.jpg

ついでに冷奴追加豆が濃くて 豆腐が固い…笑

DSCN2459_20170803074014c71.jpg

飯と山ふきの佃煮

DSCN2460_20170803074209192.jpg

このブドウ山椒 香りが良いですね

DSCN2461.jpg

山椒塩で食べるのも良い物です

その土地のものを食べて
満足じゃ~

DSCN2462_20170803074212d2b.jpg

帰りキャンプ場をチェックして

DSCN2463_20170803074214b3f.jpg

駐車料金も取るの?

DSCN2464_20170803074215f8b.jpg

有田川の流れは緩やかで

DSCN2469_20170803074216a8c.jpg

蔵王橋と言う橋がありました



DSCN2471_20170803074219a64.jpg

なかなか 面白そうな橋ですね

揺らしてみたい…


DSCN2476_20170803074223307.jpg

山越えで帰ろうか

DSCN2477_20170803074225180.jpg

幾重にも折れ曲がった道

こちらの方が遠回りで効率が悪いのに

DSCN2478.jpg

祖rでも走ってみたい 壁ぎわでした

DSCN2479_20170803074228f81.jpg

あの向うの山の向こうには 海があるんでしょうね

とりあえず あの山越えて街に出よう

なっちゃんと二人旅は続きます


そういえば  最初に行ったとこのおじさん言ってたなぁ
一人バイクは 止まっても 形態が圏外な所は危ないよと

確かにここら圏外でした…




プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR