熊野本宮  紀伊半島縦断の旅⑨


ここに来ている日本人の観光客に聞いてみたい

ここに何しに来たの?

そしてここはどこでしょう?

答えは……



外国人は 世界遺産などは まず下調べしてからくるから

ある程度は知っている 

そうでなければ わざわざこんな山奥に来ないよね


 

『♪ ~ お伊勢7たび 熊野にゃ 3たび~  』

と唄われたほど、憧れの聖地だったところです




DSCN4497.jpg


こんな看板に 奥熊野ほんぐう

なんてあるから 観光地と立ち寄るだけの人も多いようです


DSCN4496.jpg

道の駅があって


DSCN4498.jpg

こんな展示もされているのですが

藤原の定家自信を知らなければ 話になりませんよね


DSCN4499.jpg

DSCN4501.jpg

こっちは興味を示しても


DSCN4500.jpg

こっちは …… 何バーセントの人が見るんだろう



熊野本宮

まず熊野三山とは

熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社を合わせて熊野三山といいます。

熊野の神々は自然信仰に根ざしていましたが、
奈良~平安時代にかけて熊野は仏教・密教・修験道の聖地ともなり、神=仏であるという考え方が広まりました。

その影響を受けた三山は結びつきを深め、同じ12柱の神々(=仏たち)をおまつりするようになります。

熊野三山の神秘性はますます高まり、

平安時代の末には「浄土への入り口」として多くの皇族や貴族がお参りするようになりました。

浄土へお参りし、帰ってくるということは、死と再生を意味します。そのため熊野三山は「よみがえりの聖地」として、今なお多くの人々の信仰を集めています。



DSCN4503.jpg




DSCN4505.jpg

当社の主祭神は、家津美御子大神(スサノオノミコト)です。


歴史を遡ると、古代本宮の地に神が降臨したと伝えられています。

三本の川の中州にあたる聖地、大斎原に社殿が建てられたのは、飛鳥時代(615年)のことでした。奈良時代には仏教を取り入れ、神=仏としておまつりするようになります。

平安時代になると、皇族・貴族の間に熊野信仰が広まり、京都から熊野古道を通って上皇や女院の一行が何度も参拝に訪れました。

室町時代には、武士や庶民の間にも熊野信仰が広まっていました。男女や身分を問わず、全ての人を受け入れる懐の深さから、大勢の人が絶え間なく参拝に訪れる様子は「蟻の熊野詣」と例えられるほどでした。

明治22年の大洪水により、大斎原は大きな被害を受けました。当時は能舞台などもあり、今の8倍の規模を誇っていましたが、明治24年に上四社が現在地へ移されました。
今、大斎原には中四社、下四社、境内摂末社の神々がおまつりされています。



DSCN4508.jpg

現在の本殿はこの奥


DSCN4510.jpg

この階段の上です


DSCN4511.jpg




DSCN4512.jpg

階段途中の ここをお参りしてから


DSCN4513.jpg




DSCN4514.jpg




DSCN4515.jpg

ここが本殿の門




DSCN4516.jpg

ここから先は撮影禁止でした

お参りを済ませて

国道の反対側 世界遺産センターには

色々の解説物が置いてあります


ただ  カメラの調子が悪くって



DSCN4524.jpg


本宮の案内や


DSCN4531.jpg


ヤタガラスの人形が 少しくらいとピントが合わない…

DSCN4526.jpg

こんなん食べてやろうと思ったけれど

店が満員で入れない





DSCN4532.jpg


カメラだけじゃなく

壁ぎわも 調子が悪くなりそう

ちょっとだけ 休憩



DSCN4529.jpg



ちょうど見えた大斎原の大鳥居に 手を合わせましょう

この地が 上が降臨した場所だったのですね















熊野古道 小辺路

十津川村を抜けてようやく和歌山です

『お伊勢七度(たび) 熊野へ三度(みたび) お多賀様へは月参り』

『お伊勢参らば お多賀へ. 参れ お伊勢お多賀の子でご.ざる』

『伊勢へ七度 熊野へ三度 芝の愛宕へ月まいり』



ここは 熊野に向かう道なのです

熊野古道 小辺路に入りました



伊勢参りより過酷だった 熊野詣で

途中で息絶える人も多く

そのために 途中の休憩場所が作られ それを王子と言う名になりました

熊野のハイキングコースの中だけでなく

大阪の天王寺 東京の八王子と 今でも名を残すところもあるのです

前置きはこのぐらいにして

DSCN4485.jpg

ハイキングの案内板


DSCN4484.jpg


その横には歌碑もたっています


DSCN4486.jpg


十津川を見下ろして

山使い熊野の地です


DSCN4487.jpg


こんな高さに上がってきました


DSCN4488.jpg


世界遺産 熊野参詣道 小辺路です


DSCN4490.jpg

何もない田舎の山道にある

世界遺産の石碑です


DSCN4489.jpg



DSCN4491.jpg


果無集落と言う 昔の建物に住んでいる人がいる

送案内板に書いてあったので 上ってきたけれど

実際住む人には迷惑だよね


DSCN4492.jpg

『Hello!』

湖の階段から降りてきた ハイキングだろうか

白人の若い女性二人組

話そうとしたが日本語がほとんどわからないらしい



若い女性に何を話そうとしたかって?

DSCN4493.jpg


これですよ

今 北の方で 時々ニュースになっているこれ

DSCN4494.jpg



しかもついこの間出てるんですね

でも 人家もすぐそこ ここまで下りてきたんだから大丈夫でしょう


世界遺産となると 歩くのは欧米人が多いのでは

この手の物は 英語表記が要りますよね



なんて書けばいい?

判っていたら もっと話しているわい!(笑)



それでは道を戻って

国道を走り 熊野本宮に向かいましょう  つづく








奥の院にて 高野山へ③


高野山の奥の院に向かいます

真言密教の真言宗

その開祖 空海が居る 奥の院の廟

ただ 空海はまだ生きているそうで

未だに食事が届けられます

今回はその食事を運ぶところに行きあたりました

ただ 廟周辺は撮影禁止なので 写真が無いのが残念です

DSCN4623.jpg


こんなかんじ



DSCN4071.jpg


そして 空海をしたって

その周囲に いろんな墓があります

分骨したものや 墓石だけのところも

それが 奇跡を起こした空海へのあこがれだったのでしょう

しかし 現実は

高野山に残った弟子が 大きく衣を付けて宣伝したらしいのですが…



DSCN4074.jpg


苔むした 石碑や墓が並びます

これが観光コースになって 外国人も多くいます

世界遺産ですから



DSCN4072.jpg






DSCN4076.jpg


いろいろですね



DSCN4078.jpg


中には 家康の次男

そんなのも


そういえばさがせば 織田信長もあるとか




DSCN4079.jpg


休憩所と



DSCN4080.jpg



お守りなどをうるところ授与するところ




DSCN4082.jpg



横には 宮家の??


DSCN4086.jpg


そして 水掛け大師が並びます



DSCN4087.jpg


ここから先は 脱帽と撮影禁止

日本語でしか書いてないので

字の読めない日本人と 訳の判らない外国人が

さんざんシャッターを切ってました

自撮り棒が一番似合わないところです



DSCN4088.jpg


もどって 両親の骨の入ったところに手を合わせたら


あとは 話題の墓探し


まずは秀吉から



DSCN4090.jpg


高い所の奥に有りました

もともろ 金剛峯寺秀吉の母の弔いのために優遇されたのですから


DSCN4091.jpg


この奥の大きいのが秀吉ですね



DSCN4093.jpg


墓だけでなく



DSCN4092.jpg


芭蕉の句碑もあります



DSCN4100.jpg



足袋の福助


DSCN4101.jpg


ロケットは新明和工業


シャープもありましたが今は笑えないので…


DSCN4099.jpg


で最後はヤクルト

乳酸菌の冥福を…  なんでやねん!



DSCN4102.jpg






DSCN4103.jpg



土産物屋で 試食タイムを終えたら

車に…




DSCN4106.jpg


字が読めなくて 写真を撮っている奴らがうっとうしいと思っていたら

もっとわからない奴らが…


この道路上の 白いカッコの意味が分からない奴らの車が


何のためのカッコか

前の車 出す時この車に充てても許可したい

アメリカでは当たり前だもんね





DSCN4105.jpg


しかも降りてきた 20代ぐらいのBBA

もう少し前の空いて居るところに置こうよと


ここ空いて居るんじゃないのが判らないのか


これが お参りに来る光景


いいえ 単なる 混交地になってしまっている高野山でした


帰りましょう


DSCN4110.jpg

DSCN4109.jpg


そうそう この辺り

柿の葉寿司が有名なんです


と言うことで『たなか』



DSCN4127.jpg


最近 柿の葉が 品薄になって高いので

こんなのも登場

今はそんなに防腐が必要ないので

この方が中が見えて綺麗ですね





大阪まで帰ってきたら

腹も減ったし


何とか落としじゃ~



デッカイネタの寿司が喰いたい



DSCN4115.jpg






DSCN4118.jpg






DSCN4122.jpg






DSCN4123.jpg






DSCN4124.jpg



ようやく 気持ちもすっきりした 高野の旅もここまで


次は電車で行って 上で呑んでやるぞ~


















金堂と中門  高野山へ②


真言宗の総本山金剛峯寺を拝観した後は

中門から金堂あたりへ

国法の建築物も多くあるところです



DSCN4035.jpg


多宝塔



DSCN4038.jpg


このあたりは古い建物で



DSCN4040.jpg


この建物が国宝です



DSCN4041.jpg



大きなのは金堂


DSCN4042.jpg


建物を大きくすることで アピールしているんですね

あまり好きじゃないなぁ



DSCN4043.jpg


鐘楼と



DSCN4044.jpg


奥にもお堂が



DSCN4046.jpg


金堂を見るこの景色

ここが一番人の多い所です



DSCN4047.jpg


後には 今話題の中門が




中門(幅25メートル、奥行き15メートル、高さ約16メートル)は8代目で、朱塗りの柱に檜皮(ひわだ)ぶきの屋根を持つ。中門正面には、天保14年の火災で救い出された持国天像と多聞天像=いずれも文政2(1819)年造立=が置かれ、背面には今回新たに造られた増長天像と広目天像が安置される。


DSCN4052.jpg


見たかったのはこれ

新たに造られた仏像です



DSCN4053.jpg


そしてこれ  セミです



DSCN4054.jpg



もう一方には


DSCN4055.jpg


トンボ

オニヤンマが



DSCN4056.jpg



こちら正面には 修復されたものが


DSCN4057.jpg


スポンサーは 門戸厄神さん



DSCN4058.jpg


もちろん こちらも 



DSCN4061.jpg


スポンサーは門戸厄神

潤っているんですね



DSCN4059.jpg



坊主丸儲け

高い税金取り立てられている我々は

まるでこんな気分です


DSCN4062.jpg

中門の説明を見た後は



高野山の中心でも 知らない人が多いのがこのあたり

中門のすぐ横です

DSCN4063.jpg


この橋渡っても良いんですよ



DSCN4064.jpg


その奥には 清流を祀る社が

南無清流大権現と



DSCN4066.jpg


詳しくはこちらで



DSCN4068.jpg


では 奥の院に向かいましょう



つづく




金剛峯寺 高野山へ①


真言宗の総本山 高野山にやってきました

電車で行けば楽なのですが

うちの山の神が

帰りがしんどいと 車です

今回は 親父とおふくろの永代供養を頼んで 一部を位牌に入れ
残りの骨が菩提寺信徒の墓に入ると聞いてそこを尋ねてきました。


DSCN3984.jpg

朝6時過ぎに家を出て

まだ車の少ないうちに 

高野山につきました


DSCN3987.jpg

観光バスがまだ動き始めていない時間帯なので

走りも軽快です

第一駐車場に止めることが出来ました


DSCN3995.jpg

では 総本山 金剛峯寺へ


DSCN3996.jpg

観光バスで来たのではない人たちが

結構にぎわっていました

これで観光バスが押し寄せると堪りませんから


DSCN3997.jpg

まず一礼して


DSCN3998.jpg

鐘楼


DSCN4001.jpg

折角ですから 金剛峯寺に入りましょう

ココだけでは 拝観料 500円です


DSCN4002.jpg

これらは 売り物です


DSCN4003.jpg

高野山のミニキャラ こうやくん

でもこの格好だと


DSCN4004.jpg

ここから先は脱帽だよ

さてどうする??


DSCN4006.jpg

きれいに作られた中庭
白い石に模様がすがすがしい


DSCN4009.jpg

お茶の接待

参拝料に入ってます


DSCN4010.jpg


この金剛峯寺の名の入ったお菓子

10枚入り 1080円で売ってました


DSCN4012.jpg


大師像のミニュチュア

これも売り物?


DSCN4014.jpg


やっぱりいた

脱帽ですよ こうやくん

DSCN4015.jpg


こちらは大きな庭が



DSCN4017.jpg


庭の向こうでは 法事でもあるのでしょうか


DSCN4018.jpg

庭の説明


DSCN4024.jpg


こちらの奥には 空海の弟子の廟がある

空海の廟は 奥の院のその奥で しかもまだ生きているらしい




DSCN4025.jpg


最後には おくどさん

台所ですね


DSCN4033.jpg


金剛峯寺から出てきて振り返ると

屋根の上に何があるやん




DSCN4034.jpg



屋根の上にマスがある

何だあれは?


天水桶です

金剛峯寺の屋根は檜の皮を何枚も重ねた檜皮葺(ひわだぶき)になっています。その屋根の上に、桶が置かれています。これを天水桶といいます。
これは普段から雨水を溜めておき、火災が発生したときに、火の粉が飛んで屋根が燃えあがらないように桶の水をまいて湿らし、少しでも類焼を食い止める役割を果たしました。


よし一つ賢くなったぞ

つぎは奥の院へ


つづく





続きを読む

根来寺と岩出市民俗資料館 泉州ドライブ③

和歌山の岩出市にある根来寺です。

そう 根來衆の根來です

DSCN1301.jpg


DSCN1303.jpg


根来寺(根來寺)(ねごろじ)は、和歌山県岩出市にある新義真言宗総本山の寺院。
山号を一乗山と称し、詳しくは一乗山大伝法院根来寺と号する。

本尊は大日如来、開山は覚鑁(興教大師)である。

弘法大師、空海が没して後、高野山は堕落した その時に学僧として名をはせたのが覚鑁(興教大師)である

しかし 反対勢力に高野山の自宅を焼かれたりと大反対され この地に降りることになった。

その為 新義真言宗総本山と言う名がついている


根来衆(僧兵)として 徳川につき 豊臣秀吉に焼かれたが 秀吉の死後 徳川によって一部再興されたものです


DSCN1305.jpg


歴史はさておき

名倉の似合う寺になってました

DSCN1308.jpg

京都や奈良のように
現代版ミャーミャー族の侵攻もなく


DSCN1309.jpg

安心して 静にサンクらが眺められる境内になってました


DSCN1310.jpg

撮影は禁止ですが


内部に入り中の仏像を直接見ることもでき

DSCN1311.jpg

DSCN1313.jpg

根本中塔の中も見ることが出来ました


DSCN1317.jpg

本堂のなかから 中庭を見たり


DSCN1318.jpg

ずっと南部の建物のまで

渡り廊下を通って行くこともできました

DSCN1320.jpg

離れに続く廊下も

中庭越しに見るとまた変わった感じになりました

DSCN1326.jpg

門も 石段ごしに いい感じですね

日本の歴史に沿った寺院

こんな見方をしなくては 心が判りませんね



DSCN1292.jpg

岩出市民俗資料館

入場料無料です


DSCN1293.jpg

根来塗だけでなく


DSCN1294.jpg

陶器の文化も

DSCN1296.jpg

また 根来寺の建物の解説から



DSCN1297.jpg

テレビの暴れん坊将軍で 劇ではもてはやあれる8代吉宗の

徳川御三家筆頭 紀州はんは 伊勢神宮周辺まで領地があった事とか


DSCN1298.jpg

そして農民の暮らしや

DSCN1299.jpg

根来塗の展示と

DSCN1300.jpg

ゆっくり見るのに 価値ある資料館でした
また 写真撮影が禁止されてないのも良いですね


こうして 和歌山にも足を延ばしていました


それでは目的地に戻りましょう










海神社@和歌山??  泉南ドライブ②

泉佐野から関空じゃなく山手の方に走ってみました

ここらは休みの日でも車の少ない所


DSCN1274.jpg

街なかを離れると ドライブに適した道

山にところどころ薄い色の山桜が咲いています

前と山とを見ながら走っていたので 曲がり角に気付かず
山を越えて 和歌山に入ってしまいました


DSCN1285.jpg

せっかくだから あそこの寺を訪ねてみようかと 近道を走っていると

ちょっと気になる神社を見つけました



DSCN1276.jpg

山の中なのに 海神社

しかも豊臣秀吉に焼き払われたと言う 悲しい過去が


DSCN1277.jpg

入口の石垣には カキツバタが咲いてました



DSCN1278.jpg

山の陰になっていて 道からは見えなかったのですが

厳かな建物が


DSCN1279.jpg

本殿です

大きな建物です


DSCN1280.jpg

さくらの巨木が 花をつけていました

DSCN1281.jpg

手入れされているからこその 

巨木にもこれだけの花が


DSCN1282.jpg

本殿と合わせても

春の装いと

そして 誰もいない境内

この瞬間は 景色も花も私の独占です


知らないところに旅して


こんな発見の瞬間って良いですね



DSCN1283.jpg


気になる 案内が

舞姫募集です

神前に奉納する 神楽舞の舞姫です




DSCN1284.jpg


平日のお昼ですか 仕事ですねえ……

でも学生さんの舞姫はどうするのでしょう?


それでも見たい気落ちが一杯の 壁ぎわでした













道の駅 龍ゆう から 龍神温泉に 和歌山の旅 ⑦

だんだん龍神温泉が近づいてきました

日高川の幅が狭くなってきたし
龍の字がつく 道の駅も出てきました

179_20130507074842.jpg
道の駅 龍游 です

180_20130507074844.jpg
こじんまりとした道の駅で 
181_20130507074845.jpg
二つの建物に別の店が

183_20130507074845.jpg
佃煮、梅干など 田舎らしいお土産が並んでます

184_20130507074846.jpg
ここらには最近の流れも

187_20130507075000.jpg
表には 石造りの時計台も

188_20130507075001.jpg
建物が2棟だと思ったら もう一棟ありました


189_20130507075002.jpg
その横には離れのようなところが

190_20130507075003.jpg
作品の展示場、直売所だったんですね
あれあれ 写真を撮っているおっさんの姿もガラスに映ってますね

191_20130507075004.jpg
そのとなりに こんな店が

195_20130507075133.jpg
コーヒーの店でした
車で飲むなら紙コップに入れますよと
どうせならここで飲みたいなぁ
どうぞと 陶器のコップに入れますから
マイカップだとホットは50円引きなんですよ

193_20130507075131.jpg
展示場の前のこんなスペースで

194_20130507075132.jpg
この泡の立ったコーヒーは はずれが無いので嬉しいですね

一服したら もうそこは龍神温泉です

199.jpg

少し離れたこちらに車を停めて

向こうの建物が 龍神温泉 元湯です  それは明日の話で

椿山湖とみやま温泉

かなや明恵峡温泉としらまの里を後に
山の中に入っていきます。
横を流れる川も有田川から日高川に名前が変わっています

157_20130506090818.jpg

みやまの里森林公園です
山の上に展望台があり そこまでの石段に藤棚が付いています

158_20130506090819.jpg

あの展望台まで 藤棚の下を登れます

159_20130506090820.jpg

藤の花が満開でした

155_20130506090816.jpg

そしてこのみやまにも温泉がありました
道を走っていて こちらみやま温泉と言う標識を目にしたのです

どうも みやま温泉と言うのは この宿のようですね

156_20130506090817.jpg

愛徳荘です


160_20130506090924.jpg

昔ながらの 木造の旅館ですね

162_20130506090926.jpg

温泉の効能書です

161_20130506090925.jpg

日帰り温泉 500円です
では中に入りましょう

古びた旅館のお風呂
湯船には3人入れば一杯になりそうでした

163.jpg

裏庭です

165.jpg
休憩所に二部屋分つぶしてありました

ちょっと休みたかったのですが 先を急ぎましょう

167.jpg

このあたりは 川ではなく 椿山ダムのダム湖になっています

169.jpg

このあたりの地図

172.jpg

これが椿山レイクブリッジ

170.jpg

離れてみるとこんなんで

173.jpg

渡るとこうです

174.jpg

下を覗いて見ると こんな感じ
つり橋なんですが 変な横揺れが気になりますね

175_20130506091255.jpg

向こう側は 山がV字になっていて
山彦が返って気安いのです

そこで ヤホーポイントといわれていました

176_20130506091256.jpg

まだまだ川沿いに上ります

177_20130506091257.jpg


今度は鉄橋もありました

こんな感じで旅をしたのですが
今回の旅は温泉 いい湯に喜んでいました


紀ノ川サービスエリアと 有田川近辺でランチを 和歌山の旅 ⑤

泉佐野から阪和高速で山を越えると和歌山です。
まず立ち寄ったが紀ノ川サービスエリアです

122_20130503222538.jpg
紀ノ川サービスエリアから見た和歌山
紀ノ川が真ん中を流れています

123_20130503222539.jpg
紀ノ川サービスエリア下りの建物です

124_20130503222540.jpg
和歌山らしいものを選んで写真にとってます
まずは 北山村でだけある柑橘類じゃばらを使ったソフトクリームです

125_20130503222541.jpg
釣鐘饅頭
これは娘道成寺ですね

126.jpg
そしてこれが 湯浅の醤油
それはいいのですが 
横には湯浅醤油の カレー醤油がありました
どんな味でしょう 次回はトライしたいですね

130_20130503222658.jpg
それから 和歌山ラーメン
一番有名なのはここ 井出商店です

131_20130503222659.jpg
面白そうなものがありました

白い恋人ではありません
白ぬりの濃い人

  なんじゃそれは!

132_20130503222700.jpg
中はぜんぜん違いますね

133_20130503222701.jpg
これもありました
面白い恋人ですね

134_20130503222702.jpg
これは似てますね

このぐらいで 紀ノ川サービスエリアを出て 有田に向かいましょう

温泉なら 竜神温泉まで走ってみようとドライブ中です

有田から有田川に沿って上っていきます

135_20130503222822.jpg
そろそろ 腹も減ってきたし
途中にあったこの店に

136_20130503222823.jpg


137_20130503222824.jpg
おろし蕎麦です
大根おろしが嬉しいですね

と 壁に 天然あまご入りましたと

注文してみましょう

20分かかりますよと 

いいですよ 

小が630円 大が840円ですが

じゃあ大をください

138_20130503222825.jpg

りっぱなあまごの塩焼きが出てきました
レモンと比べると大きさがわかりますね

鮎だとコケを食べるので腹わたごとでもいいのですが

渓流魚のあまごや岩魚は 虫を食べているので 
特に天然ものは腹を出して欲しいですね

ここでおなかを膨らませて ドライブを続けましょう
次回の記事はようやく温泉登場です
ただ 竜神温泉じゃないのが不思議ですよ では明日



プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR