早朝詣で 速玉大社  南紀の旅⑩-4

那智大社を後に 山を下ります

そして今度は新宮市の街なかに向かいます


DSCN0945_20170517154515a00.jpg

向かったのはここ 熊野速玉大社です


DSCN0946_201705171545173f3.jpg

社務所 ここが開いて無いとスタンプがもらえないから
今朝になってしまいました

DSCN0947.jpg

大門


DSCN0948_20170517154601af9.jpg

ご神木

DSCN0949.jpg

この建物は

DSCN0950_20170517154604aec.jpg

判らない時には助かる 表示です

DSCN0951_20170517154606d87.jpg

お参りいたしましょう

門の外からのスナップです

DSCN0952.jpg

朝早いと 人も少なくていいですね


DSCN0954.jpg

熊野速玉大社の御由緒

DSCN0953_20170517154634709.jpg

お札を立てる こんな鳥居型の小物も売っていました

これで熊野三山めぐり 成就です


では 朝食を取りにホテルに戻りましょう





早朝詣で 那智の滝 飛龍神社  南紀の旅⑩-3

那智の山のかなり高い所の 
熊野大社と青岸渡寺の後は那智の滝です

DSCN0938_201705171544245ef.jpg

那智の滝は 飛瀧(ひろう)神社として祀られています

DSCN0939_2017051715442556e.jpg

これが神社の鳥居

そこから下りの石段が続きます

青岸渡寺の三重塔と 
一緒に写った滝つぼの位置まで降りて行きます

DSCN0940_20170517154427f53.jpg

案内板

しかし自分の名を刻んだ千社札
こんなところにまで貼るなよなぁ


DSCN0941_20170517154428d33.jpg

石段を下りて
飛龍神社の社務所です

DSCN0942_20170517154430053.jpg

ここがお参りの場所

実は左手から滝つぼ近くまで行けるのですが

飛龍神社の境内で 入場料がかかります

お瀧拝所(滝の間近まで行けます。) 7:00~16:30 大人300円、小・中 200円

DSCN0944_2017051715451453a.jpg

左端にその道が見えてますね


DSCN0943_2017051715451272a.jpg

私はここからで十分です

朝早いため 観光バスどころか
声の大きな 外国人の姿もなく 気持ちよく見学できました






早朝詣で 青岸渡寺  南紀の旅⑩-2

那智大社のすぐ隣 那智山青岸渡寺です

参拝時間が 5:00~16:00 というお寺です


DSCN0917_20170517154116e90.jpg

如意輪観世音を祀る本堂は、天正18年(1590)に豊臣秀吉が再建したもので、桃山時代の特徴を色濃く残しており、2004年7月には、ユネスコの世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部として登録されました。


DSCN0918_20170517154118530.jpg

建物の外にも 観音さんが

DSCN0925_201705171541194c2.jpg

こちらは大黒さん


DSCN0927_20170517154120a75.jpg

もしここに打ち出の小づちがあるなら……

DSCN0925_201705171542330e5.jpg

周囲に人気もないし
ついついそんな気になりそうでした

DSCN0928.jpg

藤の花に癒されて 

次の悩みは……


DSCN0933_2017051715433244b.jpg

三重塔  那智の滝との2ショットは良いのだけれど


DSCN0934_20170517154333b86.jpg

建物は 三重でも 入れるのは一階だけ

奉納されたものに手を合わすため 拝観料300円は…… 
やめとくか


DSCN0935_2017051715433509c.jpg

地蔵車です これを回して お祈りしましょう

地獄車ではありません

DSCN0936_20170517154336a5a.jpg


ついつい下まで降りてしまった
上る階段が…

DSCN0937.jpg

駐車場が あの黒い建物の裏側ですから

皆にはそのまま飛龍神社(那智の滝)に
まっすぐ降りてもらった方が良かったかな?






早朝詣で 那智大社  南紀の旅⑩-1

神社の朝は早い 5時から社務所も開いて居ると
ならば狙い目ですね

宿の朝食を遅くすると 
早く出ようとするお客さんが多く食堂が混みあうから
遅くすると喜ばれます

バイキングだと 残りが少ない そんなことないんですね
時間を分けているところは新しい皿が並びますから


DSCN0905.jpg

食事前の散歩です

熊野那智大社の 駐車場から下を見た景色

DSCN0906_201705171538245ea.jpg

横を見ると こんな景色

DSCN0907_20170517153825fcb.jpg

後ろは 那智大社です

DSCN0908_20170517153827388.jpg

では お参りしましょう

熊野那智大社は 熊野 那智の滝辺りを中心に 
三熊野と呼ばれるところ 熊野三山の一つです

明治に再び 神社と寺と分けられて 
西国33霊場一番札所青岸渡寺と別れて今の状態になりました

DSCN0909.jpg

この建物は 社務所ですね

DSCN0910.jpg

宮司さんも出勤ですね


DSCN0911_2017051715391765a.jpg

朱塗りの建物に 朝日が映えて良い感じです

DSCN0913.jpg

ここは

DSCN0912.jpg

こんな物があるそうです


DSCN0914_201705171539221c3.jpg

ここにも

DSCN0915.jpg

八咫烏がいました

でも黒い鳥って 朝日には合いませんね…笑






越の湯にて  南紀の旅⑨

熊野三山詣は熊野本宮だけで終わってしまいました

4時半や5時で終わってしまうからです
特に今回は 社務所の開いている時間でないと
手ぬぐい目当てのスタンプがもらえないから


DSCN0885.jpg

明日の朝回ることにして 宿泊地にやってきました



DSCN0903.jpg

越の湯です前回の記事


DSCN0886_20170517073231058.jpg

館内の様子は前回の記事に任せて

ディナーです

今回は飲みが目的

ビールだけなら 1500円(消費税別)で飲み放題

2000円(消費税別)出すと、地酒焼酎なども飲み放題です

DSCN0888_20170517073232e0a.jpg

湯快リゾートに買われて 温泉はいいが食べるものが無くなった
そんなこと言う人は 海の向こうに見える島のホテルに行けばいい

それぞれの楽しみ方が要るんだよ

DSCN0889_20170517073233f35.jpg

これは刺身ではありません
ぶつ切りです
だから直線方向に筋が入っていてもかまいません

DSCN0890_2017051707323453e.jpg

こちらは刺身

一枚が小さくても ビュッフェですから

DSCN0891.jpg

何度も取りに行けばいい


DSCN0893.jpg

もつ鍋

DSCN0894.jpg

ビールで駆けつけ三杯がすんだら

地酒もいただきましょう

瓶の向こうの何度も取りに行った 
大麦牛の焼き肉の皿が残ってますね

DSCN0895.jpg

地元尾崎酒造の酒ですね

飲み放題だから 人にはすすめず 自分で呑みます
だから 自分でもらいに行きなよ

残すとだめだからその時は引き受けますよ

DSCN0897.jpg

何度も取りに行った肉

レアっぽく焼いてと そんな注文までしてました

DSCN0898_20170517073325a52.jpg

この後街に出るから 
今日だけは腹八分で勘弁してやろう

デザートと チョコフォンデュやってみたら
チョコが垂れました

DSCN0899.jpg

こんな物も 有りました

ウイスキーかけてもらってもよかったな

DSCN0900_2017051707340468b.jpg

勝浦の夜の街
もうなんども行き 勝手知ったる
いいえ 小さな町ですから

DSCN0901.jpg

再びこの店に

途中熟睡してしまいました

復活 しばらく騒いで 明日も早いしそろそろ帰ろうかと


会計??

前回の倍額??

DSCN0902_20170517073408359.jpg


こんな料金だったんだ 前回は 3軒はしごしたから
滞在時間が短くて安かったんだね

今回はここで扱ってないビール(別料金)も入れて
三時間余り 一人6000円ちょっと 

そうか 萩のかまぼこも持ち込んだった
おみやげ?
半分はそうで 半分は食わせてって


好きなものだけ 呑んで喰って
我儘なおっさんになった 夜でした




プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR