FC2ブログ

つかしん湯の華廊 リニューアル

尼崎 つかしんの 湯の華廊がリニューアルしました



CIMG7465.jpg

癒し蔵というスペースが出来ました

館内着に着かえて のんびりできるという所です
別料金ですが

CIMG7466.jpg

10時前に着いたので 門は閉まっています

なのに中で足湯している人が居るのは何故??

従業員は10分前なら 仕事体制に入っているだろうに…

CIMG7474.jpg

つかしんの中庭を散歩することに
館内は撮影禁止だから

CIMG7475.jpg

これが 光を当てると 輝いたり
白い煙を出すんだって

CIMG7476.jpg

こんなトンネルも 有るのかな

そろそろ十時だ

CIMG7470.jpg

足湯スペースを過ぎて

CIMG7467.jpg

入口の温泉分析書

この辺りは変わらないなぁ

CIMG7468.jpg

料金は 少し上がった


CIMG7469.jpg

館内の案内図を見ると

癒し蔵が増えてますね

CIMG7471.jpg

旧会員カードは使えなくなります

ポイントの移行も出来ません
ポイントは早めに交換してくださいと


CIMG7473.jpg


下足箱のキーが 100円返却式じゃなくなりました

その代わりこれが お財布代わりです
帰りにコレで清算して

カードが無ければ 出口のゲートを通過できなくなっています


脱衣室で使うカードもなくなりました


入口でのカード発行やらに 戸惑う 尼崎の爺さんが

喧嘩腰に 案内のスタッフに食って掛かってました

爺さん醜いよ…


CIMG7472.jpg

岩盤浴のフロントの有ったところ
その先は未知の 領域になりました

今度はゆっくりとしたときに入って見ようかな






西国22番霊場 総持寺

時々友人のブログからもネタをもらっています

へろんさんのブログで

茨木市の総持寺のネタが有りました



CIMG7310.jpg

暖かい日の昼間
なっちゃんで行って見ることに

CIMG7312.jpg

この亀に似た伝説上の生き物の
写真を撮りに行きたかったのです

CIMG7313.jpg

贔屓(ひいき)という名前です
人を背中に乗せて運ぶんだとか

ここの本尊様も乗って来たとか


P9231049.jpg

昔 500円払って見に行った 
島根県は松江市の 人食い亀とはえらい違いですね

CIMG7314.jpg

ここが客間かな?

CIMG7315.jpg

門には 仁王様が

CIMG7316.jpg

左と

CIMG7317.jpg

右に

CIMG7318.jpg

解説はこちらで

CIMG7323.jpg

本堂です

塗り替え中?

CIMG7325.jpg


台風と地震の被害がすごかったようです

ではありませんCIMG7324.jpg

特に大師堂などは 今こんな感じで
西国33観音霊場のお遍路さんには 辛いですね

CIMG7328.jpg

金堂

CIMG7329.jpg

地蔵堂は無事の様でした

南無大師遍照金剛







反省会は一で

そばツアーを終え 皆を家の近くまで送り届けて

その日もう一泊すると言う友人と 打ち上げです

この日は ごんが休みなので 伊丹の駅辺りまで出てみました

訪れたのは『一』と言う店です


CIMG7431.jpg

まずはビールでのどを潤して


CIMG7432.jpg

カワハギの薄造り
旨いですね

肝も添えられて

CIMG7433.jpg

フグと同じように この薄造りがたまりません


CIMG7435.jpg

発泡スチロールの箱には 大量の氷が
その中には貝が隠れてました

CIMG7434.jpg

旨い魚を喰うと
地酒が欲しくなりますね


CIMG7436.jpg

山田を生かした 生もとの酒

CIMG7438.jpg

寿限無の万齢も

CIMG7439.jpg

自分で焙り焼のセット

写真撮るより 呑んで喰って
そのほうに走りたくて 写真はここまででした

ホイルがかけてあるのは ホンビノス貝と ヒオウギ貝です

之にてそばツアー終了






最後は三田市のそろばん亭へ

そばを食べ疲れて 

最後は明石焼きで〆ましょう


CIMG7422.jpg

最初はそう思っていたのですが
それは青垣まで言って満足した時の話

 国領温泉まで戻ってきたら

東になりすぎて 明石が遠くなりました

篠山口から帰路につき
高速に乗ることに  

と ‼


宝塚西 から 渋滞18キロ

前回 兵庫県の旅した時も 事故でかなり渋滞したんだ
あのときは 名塩サービスエリアを通り抜けようとして
よけいにひどく待たされた思い出が

あの時も裕治君が乗ってよなぁ
こいつ渋滞男なのでは??

三田西で降りて 下道を走ることに
西宮に送っていくので まっすぐ六甲山を抜けましょう


CIMG7423.jpg

ただ 空腹になって来たので
どこか入れる店を探しながら走ってました

ここが良い

そろばん亭です

CIMG7424.jpg

そう こんなジャンボエビフライのある店です


CIMG7425.jpg


でも友人たちは 牡蠣フライとヒレカツ

CIMG7426.jpg

私も 牡蠣フライと ロースカツ

CIMG7427.jpg

牡蠣が出始めた時期
牡蠣フライが食べたくて

CIMG7428.jpg

もちろん とんかつも

CIMG7429.jpg

厚さはさほどじゃないけれど

それでも 牡蠣フライとで満足です


そう言えば この店そろばん亭と獅子銀は同じチェーン店で
厚切りとんかつと言うのもあったんだけれどなぁ…

まあ 今日は蕎麦一杯食べたから
このくらいで我慢しとこうか





道の駅青垣と 国領温泉助七 そばツアー⑤

せっかく青垣まで来たんだから
道の駅あおがきによって 丹波布資料館は見ておかなければ
入場料もタダですから


CIMG7416.jpg

道の駅あおがき

CIMG7417.jpg

地元の特産物と 野菜を売っている市場
でもどうしたのか 最近街なかのスーパーと値段が変わらないんだよなぁ…

CIMG0711_201811290500032de.jpg

そしてこっちが 丹波布伝承館


CIMG0712_20181129050004faf.jpg

綿の実

これから種を取り出して 5月に植えてくださいと もらえます

また綿を紡いでいる姿も見ることが出来ました、

CIMG0713_201811290500067bc.jpg

機織り機 織物のクラブの有るようです

CIMG7418.jpg

ここでは染色もやっていて

CIMG7419.jpg

この材料では こんな色が出ますよと


ではそろそろ次の蕎麦屋に行きますか

ただ この一服が命取りになったのです…



DSCN6961_20181129051211b24.jpg

そば処 せせらぎ

ここで おばちゃんたちの手作りの 
優しいそばが食べたかったのだが


ここに着いたのが 3時10分

中の電気は消えていて
入口に 3時までと書いてありました


DSCN6968_20181129051213e30.jpg

去年食べたこの蕎麦と

DSCN7396_20181129051214c0e.jpg

天ぷらはあきらめることに なりました


残念!

この地方の 趣味でやっているような蕎麦屋は
その他も 店を閉める時間だったのです

あきらめますかとの声に

嬉しそうにする人も何人か

では温泉に向かいましょう

DSCN4320_20181129050140196.jpg

国領温泉 助七さん

今回は宿のお風呂をよばれます

DSCN4322_201811290501410ba.jpg

フロントで 入浴料 700円を払い
タオルの無い人は 貸バスタオルと買取のタオルで 1000円です


CIMG7420.jpg

二階に上がり通路を抜けて
山の神の湯へ


DSCN4325_20181129050143e82.jpg


最近はどこも写真を撮らせてくれないので
昔の写真を引っ張り出して

こんな露天もあります

DSCN4326_20181129050144e8f.jpg

最後は温泉分析書

晩秋の山は 陽の暮も早い

風呂を出た頃には あたりも薄暗くなってきました
では帰路につきましょう

予定では 今から明石焼きだったのですが…
それは明日






三津屋妹尾  そばツアー④


次に訪れたのは 青垣の三津屋妹尾です


CIMG7405.jpg

最初に来ればいいのに
いつもここまで来て 心配になる店
だから今回は電話してました

CIMG7406.jpg

やっぱりこうなってましたね
半分趣味が高じて出来たような店なので

儲けようなんてしてないので
麺が切れたら終わりです

うどんは寝かさなきゃいけないが
蕎麦は 粉さえあれば打てるんだけれどね

CIMG7407.jpg

メニュー見てたら

出汁巻き終わりました

CIMG7408.jpg

鯖寿司 後一人前だけです

CIMG7409.jpg

二八蕎麦も一人前だけ

十割そばは 4人分まで大盛りが出来ますと

ほぼ最後の客ですね

CIMG7410.jpg

鯖ずしも はしっこなので 200円ひきますねと

CIMG7411.jpg

続けて蕎麦を喰ったから

蕎麦がきぜんざいだけと言う人も

すぐにもう一軒行くんやろうと

CIMG7412.jpg

甘すぎない上質の豆が使われてました

CIMG7413.jpg

きました 10割のざるです

CIMG7414.jpg

上品に皮を剥かれた 更科系の手打ちそば


CIMG7415.jpg


薬味の辛子大根が よく効きました

ここ三津屋妹尾と大名草庵(おなざあん)の蕎麦は大好きです

ただ ここから大名草に走ろうと思うと
紅葉狩りの客で 田舎道なのに渋滞してるからなぁ…




丹波篠山 夛左ヱ門(たざえもん) そばツアー③

丹波篠山の夛左ヱ門(たざえもん)
城周辺からは少し離れたところにある 隠れ家です

このブログを書き始める前に 何度か来た店です

CIMG7393.jpg

喫茶店のようなつくり

ドラムが置いてあります

ライブもするんですね

CIMG7392.jpg

メニューはこれだけ

この潔さが良いですね 自信の表れでしょう

CIMG7394.jpg

早世した 美女のポスターが飾られてました
これ欲しいなぁ…


CIMG7395.jpg

山の芋とろろそばのセット

とろろそばは卵黄付きですが 

山の芋とろろは濃いから全卵です


CIMG7397.jpg

おろし蕎麦

銘々そのときに欲しいものを頼むので
色々写真が取れて良いですね

CIMG7398.jpg

かき揚げ蕎麦


CIMG7399.jpg

かき揚げのアップです

で 壁ぎわは何を頼んだか

CIMG7400.jpg

ざるの大盛りでした
ここは玄そば 

米も脱穀したら 玄米 精米して普通の米
ここは脱穀だけした玄蕎麦使用
外側の皮を剥かない田舎蕎麦です

CIMG7401.jpg

手打だからの 不揃いも気になりません

そばの香りが嬉しいねぇ…


CIMG7403.jpg


福井産の蕎麦でしたね

こんなのが見えるのもまた嬉しいねぇ






宝塚北SA  蕎麦ツアー②

壁ぎわの蕎麦ツアーはほとんどが丹波地方
平成の大合併で出来た丹波市と
丹波の名前を付けるために住民投票をした篠山市あたり
むかしは白川郷の方まで走ったけれどなぁ…

いながわから 山を越えて丹波篠山へ

CIMG7379.jpg

そう思ったけれど 少し戻って
わざわざ高速道に乗り
やって来たのが 
新名神 宝塚北サービスエリアです

宝塚、伊丹、,尼崎の住人は 
新名神のこの区間ほとんど走ることが有りませんから


CIMG7380.jpg

上等な雰囲気で 値段も高いものが売れる

でも宝塚の街の中の住人の訪れない所

おのぼりさんをカモにするところです

1本1800円の 練り天  私には無理だ…

CIMG7381.jpg

なぁ  オスカルよ

CIMG7382.jpg

キッチンにも宝塚と

壁ぎわインザキッチンは知って居るけれど…


CIMG7383.jpg

なぁ サファイアよ

CIMG7385.jpg

ジュース類の自動販売機も 前面が液晶パネルですからね
ボタンが無いと探す年寄りが気の毒でした


CIMG7386.jpg

ねこ ねこ、ねこ

CIMG7387.jpg

猫ブームなんですかね
神戸のお店の製品ですが

大量に買い込んだおねぇさん
来月友達ところに行くから 
しゃれたおみやげにすんねんと

CIMG7388.jpg

裕治伯爵に後で見せた画像
彼の好きな 明石の引っ張りだこ飯の 
ハイクラスがココで売られていた
上級品が有ったのも彼は知らなかった

旅の魅力は発見することだよ 自力でね
意地の悪い壁ぎわでした



道の駅いながわ そばの館 そばツアー①

この時期の楽しみ 蕎麦ツアーです

よく 蕎麦ばかり何杯も食べてと言われますが
いろんな店の個性が判り

また 自分がどんな蕎麦が好きなのかを
再発見する良いチャンスですよ

その為にも 名店と言われる店を回ることにしていますが

そうすることで 
ネットの情報のいい加減さを思い知らされることもあります

なんでこの店に こんな賛辞が与せられる
まるで自分が味覚音痴なのを公表しているもんじゃないかと

それもわからずに 流しているのが現代人なんですね

話を戻して


CIMG7373.jpg

道の駅いながわ と言わずに いながわフレッシュパークですか

この地域農業情報センターと言う所で

CIMG7371.jpg

そば粉を機械挽きしています
これがそばになるのでしょうが

蕎麦打ち体験はあっても 
手打そばとは書いてませんから

CIMG7365.jpg

道の駅いながわの そばの館

ネットの賛辞の多い店です
私は………

でも何故寄ったかと言うと
蕎麦の店は朝早くから開いているところが無いから


CIMG7372.jpg


讃岐うどんなら 夜中でも明け方でも開いている店はありますが

自家製麺の(手打ちとは言わない)の店は 
朝早い店がほとんどないからです



CIMG7366.jpg

こんな張り紙が
十割(とわり)そばです
だから美味しいかと言うと

そこそこでも 味を知らない人は……ですから


CIMG7367.jpg

おしながき

私のおすすめは 720円のざる蕎麦でなく 800円のおろし蕎麦でもなく
850円のカツ丼か カツカレーなのですが

今日は蕎麦ツアーですから…

CIMG7368.jpg

おろしそば
大根おろしが嬉しいですね
蕎麦だけだと あきそうで

CIMG7369.jpg

ざるそば 720円
太い割に量が多いね

旨い蕎麦なら大盛りも歓迎だが…

今日は蕎麦ツアー 皆に味のベースとして覚えて貰うのに良いかなと


CIMG7374.jpg

表では ソフトクリーム 250円 これが安心の値段ですね
私は300円までと決めてます 


CIMG7376.jpg

その店では こんなの売ってます
いなぼうやき いなぼうとはこの地のマスコットキャラです

CIMG7377.jpg

150円で 口直しっと
堪らないほど あんこが熱い

CIMG7375.jpg

いきなり野菜が安かったと 
買い込むおねぇさまを捕まえて

CIMG7378.jpg

焼きたてのパンのお店って聞いていたのがあそこね
と行こうとするのを引き留めて

旅は始ったばかりですよと
次に向かう一行でした












小林で途中下車 壁ぎわの蕎麦ツアー②

きらくで満足した帰路
阪神尼崎からバスで宝塚に向かおうと思ったのだが

バスの時間が悪く 
今津で阪急に乗り換えて帰ることに

途中小林で降りたくなってしまいました


CIMG7354.jpg

向ったのはさんさん堂


CIMG7353.jpg

先日オープンしたこの店の前は通ったが スルーです
一応気にはしているのですが…


CIMG7355.jpg

生ビール 壁ぎわには生ビール飲む場所が少ないですから


CIMG7356.jpg

また訳の判らん事始めたね

私らなら ビールが温もる前に飲み干せるけれど…


CIMG7357.jpg

今日のおすすめは…

いわしのつみれ揚げ貰おうか

それとポテトサラダと カキフライ

CIMG7358.jpg

揚げるのに時間がかかるから

カウンターの上の物で遊んでいます

太陽の塔 今年又人気が出てますね

CIMG7359.jpg

香住鶴の山廃純米

これ後で呑みたい

CIMG7360.jpg

いわしのつみれ揚げ
熱々が嬉しくて

CIMG7361.jpg

太陽の塔も喜んでます


CIMG7362.jpg


ビールをお代わりして


CIMG7363.jpg

ポテトサラダとカキフライ
これだけで280円

やっぱりおの店は安いねぇ


CIMG7364.jpg


私おそう思うと太陽の塔が

これが正しい使い方のよう
コップのフチ子だったんだね

明日は蕎麦ツアー楽しみです





プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR