丹波散歩② 福知山 温泉でほっこり 

丹波ー春日ー柏原と走りました


DSCN1741_20170614063143548.jpg

途中こんな風景も
単なる消防用水?


DSCN1742_20170614063145625.jpg

赤いのはなんだと思ったら

金魚ですね


DSCN1743_2017061406314643c.jpg

人影を見ると寄ってくるのが可愛い

でも餌持ってないよ


DSCN1744_201706140631474ea.jpg

ちょっと大きな神社が見えてきた


DSCN1745.jpg

一宮神社(いっきゅうじんじゃ)ですね

と言うことは福知山に入ったんですね


DSCN1746.jpg

福知山と言えば このお城

初代 城主は明智光秀ですから


DSCN1748.jpg

何度か来たことあるし


DSCN1750.jpg

駐車場はあるが駐輪場がなかなかないからなぁ…

辺りをうろうろしていたんですが

どうせならちょっとのんびりして帰るならあそこに行こうか


DSCN1751.jpg

やって来たのが 福知山温泉

大きな屋敷跡の様

DSCN1752.jpg

門を入ると こんなものが


DSCN1753.jpg

幸せになる 福土瓶

中に入って写真をお取りください

そう書いてあっても 独りだし…
通る人に写真撮ってくださいなんて言えないよ…


DSCN1754_20170614063305967.jpg

源泉そのものですと言う看板
別にこんなの要らないよ


DSCN1756.jpg

中庭を見ながら 


DSCN1757_20170614063309bf8.jpg

食事もできます

ゆっくりと露天風呂と 室内風呂の暖まったら

帰り2時間半かかるのを忘れていた
さすがになっちゃんでの夜道は嫌なので かえりましょう

この日の旅はここまででした

この温泉は
福知山温泉ホームページ
でどうぞ。


丹波散歩① 篠山~春日

最近 マッハGOばかりで 
なっちゃんと遊んでなかったから


DSCN1705.jpg

なっちゃんで北に向かいました

標識や 寺社に寄るのは 何処を走ったか覚えてないから

後で何処を走ったか確認するためです


DSCN1709.jpg

でもそれだけでなく
苔むした 神社の参道など

人が例祭以外訪れないような所にも
旅の趣がありますから


DSCN1711.jpg

なっちゃんだと何処にでも止めやすいから

降りて石段を登ったり


DSCN1713.jpg

旅の安全を神社で祈ったり


DSCN1716_20170614062728c05.jpg

しかし…  
横から なっちゃんで
上がれる道のあるところなら良いのに…

これだけでもしんどいや  ゼイゼイ…


DSCN1717_201706140627583b1.jpg

珍しいものを見ると
上ってみたくなりますね


DSCN1718.jpg


展望台だろうか?

DSCN1719_20170614062801527.jpg

猪名川霊園の 供養塔でした


DSCN1720_20170614062802a43.jpg

先日行った 猪名川町 奥いなの里です

昼からなら温泉に入れるんだけれど


DSCN1723_20170614062803c07.jpg

篠山に入りました


DSCN1740_2017061406285829e.jpg

今日は城の方に行かずに
そのまま北に走ると

春日です

道の駅 丹波おばあちゃんの里


DSCN1732.jpg

ここから2キロ北に

奥丹波蕎麦の『たかはし』があります

寄ってみようと思ったのですが 時間が少し早い


DSCN1735_20170614063009431.jpg

おばあちゃんの里らしく

こんな弁当もいいのですが

DSCN1734.jpg

モーニングサービスがある

しかも安い



DSCN1736_20170614063010299.jpg

パンはお好きなものを一つどうぞ

ヨーグルトと野菜 スクランブルエッグとベーコン


DSCN1739_201706140630117b7.jpg

こんなフードコートで 食べました

おばあちゃんの里ですが

お店の人はみなアラサーでしたね


きびきび働く お姉さんと
朝食食べに来ている 土地の老人たちとを見ながら

朝のひと時でした



レタ玉丼 壁ぎわインザキッチン

一人で腹減った時

たまに作るのが  レタ玉丼です

DSCN1681_201706130806065d9.jpg

レタスは 切り口からすぐ色が変わるので 
包丁で切るなと言われますが

これに関しては少し小さめの小口に切りましょう


普段はかまぼこ 薄めのいちょう切りにするのですが
かまぼこが無かったので ウインナーソーセージで代用です


DSCN1682_201706130806080cc.jpg

丼物を作るときには まず卵から用意します

冷蔵庫に入っている卵は 
調理の時には常温にしてからが使いやすいものです


DSCN1683_201706130806095b7.jpg

水溶き片栗粉に 出汁 醤油で味付け

卵かけごはんの卵ごに水溶き片栗粉を入れた感じ

口当たりが悪くなるので 殻座を取りましょう

DSCN1684_20170613080610a8c.jpg

軽くかき混ぜて 卵の用意は終わり

だし巻きするなら これを一度ざるで濾すと滑らかになるんだけれどね


DSCN1685_20170613080612941.jpg

フライパンを温め 多めの油を入れて


DSCN1686_20170613080645c54.jpg

具を入れて炒めます

一度に入れたいから レタス以外は薄めに切りましょう


DSCN1688_20170613080648eae.jpg

全体に油が回ったら

卵を投入


DSCN1689_2017061308065059f.jpg

玉子が常温ならこのぐらいで OK

余熱で固まっていきます

冷蔵庫から出してすぐなら 
下が固まっても上が冷たいままになりやすいから
常温に戻すのが必要なのです


DSCN1690_20170613080651a65.jpg

皿に盛ってからも


DSCN1691_201706130807253a7.jpg


余熱でどんどん固まっていきます

このままでもいいのですが

DSCN1694_20170613080726648.jpg


ご飯に乗せてかきこむのもあり

最初からご飯に乗せようと思ったら
薄切りの玉ねぎと 刻んだねぎがあっても良いかも

味が薄ければ この時 味塩コショウでも 
醤油をちょっとかけるのも
ウスターソースをかけても食べられますよ

レタスの歯触りがうれしい丼です





生麩丼と湯葉丼 つる家

ネットでいろいろ見ていたら
半額クーポンのページで 梅田のランチを見つけた

しかも予約不要とあるので 買っておいたのだが
立ち寄る機会がなく 有効期限ぎりぎりで滑り込んだ


DSCN1647.jpg

関西では名前の通っている 京都のこのお店

その喫茶部のようなところが ヒルトンシティにある

京都 つる家 茶房 ヒルトンプラザイースト店 です


DSCN1643.jpg

これが 生麩丼セット

吸い物と 香の物  それにデザートのわらび餅

陶器のミルクピッチャーの中は 丼のたれの追加分です

DSCN1645.jpg

二色の生麩 (こんにゃくと厚揚げでは無い) と 

ねぎを散らしたどんぶりです

ポイントにワサビが載せてあります


さっと出汁で煮たてた生麩
インパクトのある味ではないので

天丼にかけるようなたれの味で食べます
あまり食が進まないなぁ…


DSCN1646_20170609160343bb5.jpg

こちらの吸い物は 一番だしで 手毬麩のみ

一点の脂も浮かないきれいな出汁です


DSCN1641.jpg


もう一品 こちらは湯葉丼セット

DSCN1642.jpg

出汁で湯葉を煮て とろみをつけたもの

京ではよくあんかけを使いますね
タヌキって 京都では あんかけをさしますからね


どちらも

労働者の味やおへん

上品な出汁のお味どしたえ…

(京都弁の話し言葉 文にするとへんですなぁ)



寒い日にはラーメンを

先日 三田の仕事を頼まれて
天気もいいし なっちゃんで行くことに

ところが 山手だし
バイクで走ると日陰は寒い

うすいジャンバーでは風が通って 
帰り 途中でたまらなくなった

DSCN1695_2017061215164252d.jpg

宝塚警察の横に有る
この店の看板が 目に飛び込んできた


DSCN1696_20170612151640c7e.jpg

本当に寒いから

これら目が離せない

体も心(ふところ)も 冷え切ったところに
天使が舞い降りるようだ


DSCN1698_20170612151645e07.jpg

一人カウンターの端っこに通された

冬場ほどではないが 寒いのが続くと
ハンドルを持っているときに曲がっているので
指がすぐにはまっすぐに伸びない

歩く姿も 足を少し引きずっているよう

よれよれのジャンバーに 少し汚れた綿パン

職にあぶれた アル中の爺さんの様だ


DSCN1697_20170612151643014.jpg

ご注文はに

真中を指さして 『 これ。』

思いのほか寒い夕方 1時間近くバイクで走ると 
顔が冷えて温まるまでしゃべりにくくなるんです

まるで、アル中でろれつが回りにくい人みたいに

DSCN1699_20170612151646c29.jpg

他にオプションはと聞かれて
 指の少し曲がった手を 
手のひらの方向と 背の方向に 振るだけ


DSCN1700.jpg

ラーメンが来た

しばらく スープを少しずつ飲んでいた
温まる~ 

写真を撮るのに少しスープが減ってしまったが


DSCN1701.jpg

麺も撮ったら あとはゆっくりラーメンに没頭する


DSCN1702_201706121518378a1.jpg

暖かいうちに スープまで飲み干してご馳走様

今度は急に温かいものを食べたので 鼻水が出そうで困る



まるで久しぶりに食い物にありついたアル中の爺さんが
満足して、鼻を垂らして涙しているようじゃないか



いくらですか

レジでどうぞ

いくらですか?

590円です

消費税は付かないのかい

ハイ590円です

表の看板に税込みと書いてあったのを知ってての演出である



そして ポケットからじゃら銭をを取り出して

100円玉4枚 50円玉3枚 10円玉8枚 5円玉2枚で支払い表に出た



DSCN1703.jpg



他のラーメンも良いのだが
しばらくして同じような格好で来て
同じことやってみようかなぁ…

三杯のかけそばでなく 一杯のラーメンごっこです



初 とりき

4月に行った 初めての鳥貴族

その話が アップされていませんでした


DSCN0701_2017042807075140f.jpg

阪急伊丹の駅前店

280円均一の店


DSCN0702_2017042807075313e.jpg

トリキは二階ですね

DSCN0703_20170428070753b9f.jpg

ビールはプレモル 中ジョッキ

金麦ならば大ジョッキ  同じ値段です

DSCN0705_201704280707550fc.jpg

プレモル頼んだら

DSCN0706_201704280707563a5.jpg

量の違いを 金麦頼んでチェックです

DSCN0707_201704280708233dd.jpg

焼きすぎのネギマ

DSCN0708_20170428070825510.jpg

焼きすぎすぎ のハツ

心臓の肉に
これだけしわを作るのは技術ですよ

DSCN0709_20170428070826a2c.jpg

ネギマの塩は 軽く焼きすぎ

DSCN0710_20170428070828c78.jpg

ネックはしっかり脂を落とす焼きすぎ

DSCN0711_201704280708303bd.jpg

ズリは、小さくなるまで焼いてありました

よっぽど 食中毒が怖いんでしょうね

DSCN0712_20170428070852670.jpg

五割焦げ目の つくね

DSCN0713_20170428070854ae2.jpg

グラス下げるの拒否して飲んでます

何杯飲んだか わからなくなるからと

ついでにもう少し焼きを薄くしてくれと
焼き鳥で焼きすぎ鳥は御免だと

DSCN0714_201704280708555bb.jpg


ネックふたたび

だいぶましだが それだもまだまだだね

冷凍か チルドの温度の鳥を 焼くから特にこうなるんだよ

旨い鳥食わしてやろうというのは無く
会社の作り方どうりでも

たまには自分で食べて 研究しろよ


DSCN0715_20170428070857f1c.jpg

今日は このぐらいで勘弁してやろうか……


しかし

連れと行って 一度にこんなに 頼まなければよかった

これだけ頼んだばかりに 
4杯も飲む時間が出来てしまったんだから



塚口で 一杯二杯


私の行きつけの 阪急塚口駅北側のやまざき屋
5周年と聞いて行ってきました

DSCN1512.jpg

ひと月前の記事です

DSCN1513.jpg

阪急塚口駅東側の踏切を渡った所
北側の店です



DSCN7934_20170608104635a57.jpg

ではビールで乾杯

DSCN7928_201706081046379e3.jpg

マグロの中落ち

DSCN7929_20170608104639de9.jpg

たこぶつ

DSCN7930_2017060810464032f.jpg

100円だからでは有りません

ここのビール旨いんです

DSCN1514.jpg

店の人間ではありません

山口の雁木のファンだそうで

DSCN1516_2017060808293794c.jpg

この日は 雁木が入っているのだと

混みあってきたので 店を出て

DSCN1517_20170608083004217.jpg

伊丹線で一駅の この店に

DSCN1518_20170608083005aef.jpg

この店安いから好き

ドリンク三杯と メニュー一品で1000円

DSCN1519.jpg

ビール

DSCN1520.jpg

ほとんど一品 330円です

DSCN1521_201706080830101c4.jpg

これは 330円ではありません
三種盛りです

DSCN1524_20170608083035f6e.jpg

ちゃんとした板さんの マグロの切り方

角がしゃんとしてますね

DSCN1523.jpg

この時期桜エビのかき揚げも

DSCN1525_201706080830372bf.jpg

この店安いけど 料理がきちんとしているのが良いですね

のんDE喰って
ジャンル:居酒屋
アクセス:阪急伊丹線稲野駅東改札口 徒歩1分
住所:〒664-0861 兵庫県伊丹市稲野町1-94(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 伊丹×居酒屋
情報掲載日:2017年6月10日





楯野川の会

6月に入ったと言うのに まだ五月の記事が山積
ゴールデンウィークがあまりに濃かったのです。

5月のとある日曜日に行われた
山形の純米大吟醸蔵 楯野川の会の様子です

ちなみに去年の記事はここから

DSCN1651.jpg

今回の出品酒

どれも純米大吟醸ですから


DSCN1649.jpg

こちらも

メインは8種類


DSCN1653.jpg

今回の乾杯は フルーティなこいつを

ワイングラスで


DSCN1655.jpg

限定と言う言葉に弱くなります
良い酒の中でも限定流通なら 数が少ないってことですよね


DSCN1667.jpg

そしてこれが 蔵元の秘蔵酒

山形県の画家にラベルを書いてもらったと

勿論それもいただきますよ


DSCN1660.jpg

料理です
ホテルのシェフが作った
酒に合わせた特別料理です


DSCN1656.jpg

説明はこちらで


DSCN1661.jpg

こんなのも


DSCN1657_20170609091410383.jpg

こんなのもありました


DSCN1672.jpg

今回のゲストは スナフキン氏

歌と漫談です


DSCN1677_201706090915308fa.jpg

酒蔵からのお土産

じゃんけんで勝った人はゲット


DSCN1679_20170609091532d67.jpg

私もこれ貰ったって

運の無い、壁ぎわは 戦利品無し
声だけ旨い酒 かなり飲んでいるから 
それでも満足なのですが…



DSCN1670_2017060909153314f.jpg

外れた方に 残念賞

お酌だけですが


  いや  
  あの~  、

  そんな……
 
  良いですか

 もうすこし……


良い酒の会でした








トマトを買いに渥美半島まで  関東の旅 最終話

東京からの帰り 

せっかくだから渥美半島に寄って行こうか

DSCN1400_20170608071124825.jpg

海岸線に出て 渥美半島を走ります



DSCN1401_20170608071125f17.jpg

海を見ながら快適に

でも目的は伊良湖岬じゃなく

DSCN1403.jpg

こんな景色でもない

DSCN1402_20170608071126dc9.jpg

たどりついたのが

道の駅 田原めっくんハウス

DSCN1448.jpg

毎年お取り寄せしているのが
ここの前川さん処の ファーストトマト

たあ送料が高くつくし 
ヤマトの扱い悪くて 時々割れているから

DSCN1406_201706080712282ba.jpg

今回はメロンと買い込んで 車で帰ります


DSCN1409_20170608071230e96.jpg

途中 この辺りで一番気持ちの良いトイレがある

刈谷ハイウェイオアシスに立ち寄って

混んでいて パーキングエリアの端にしか車が置けずに
端から端まで歩いてました

DSCN1410_20170608071232edc.jpg

途中こんな販売機が


DSCN1415_2017060807135824c.jpg

2つだけある 下が見えるゴンドラ

これに乗ってみたいなぁ……

DSCN1417_201706080714009cf.jpg

湾岸線から

DSCN1419.jpg

少し混んでいましたが
四日市を通り抜けて

DSCN1422.jpg


新名神を走り抜け 何とか帰宅しました

途中大津など SAにも寄ったのですが
満車で車を停めるところもなく スルーして帰ってきました

忙しかった ゴールデンウィークの報告 
これまでです!








高速を西に  関東の旅⑬

東名高速を西に

快調に走ります
渋滞標識はかなり先に少し出ていますが

DSCN1376_2017060508065096f.jpg

足柄サービスエリア
EXPASA足柄と書いてあります

静岡県小山町です

DSCN1377.jpg

9時半だから 遅い朝食です

かき揚げ丼セット 850円です


DSCN1378.jpg


大きなかき揚げの乗った天丼と

DSCN1380_20170605080654afc.jpg

ぶっかけ(冷)

この麵 なかなかいいですね
特に朝一だから、 伸ばしたての茹でたてです


DSCN1381.jpg

山の神は 桜エビ入り シラス蕎麦

関西には無いですね  出汁が塩辛くなりそう


DSCN1383.jpg

富士山を見ながら


DSCN1385_201706050808004c1.jpg

走って行くと


DSCN1391_20170605080802445.jpg

由比PA と言うのがありました
トイレだけのパーキングエリアでした

海がそこにありました

DSCN1392_20170605080804c73.jpg

富士山も見えてます


DSCN1394_201706050808053a2.jpg

静岡県牧之原市
牧之原サービスエリアです


DSCN1395_2017060508101805e.jpg

茶どころ静岡
何種類もありますね

しかも 350円 サービスエリアでは合格の値段の地元ソフトですね


DSCN1396_20170605081019fb1.jpg

茶店があって

牧之原マルシェで買い物して

でも中は 撮影禁止のシールがあちこちに撮れませんでした


DSCN1397.jpg


観光地にありがちな

DSCN1398.jpg

折角ですから
思い出に 静岡茶のソフトを


DSCN1400.jpg

まっすぐ帰る気が無いので

先を急ぎましょう




プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR